フライトナイト(1985年)

『フライトナイト』(原題:Fright Night )は、1985年のアメリカ合衆国のコメディホラー映画。1988年に続編『フライトナイト2/バンパイヤの逆襲』が公開され、2011年に『フライトナイト/恐怖の夜』としてリメイクされている。『フライトナイト』(原題:Fright Night )は、1985年のアメリカ合衆国のコメディホラー映画。1988年に続編『フライトナイト2/バンパイヤの逆襲』が公開され、2011年に『フライトナイト/恐怖の夜』としてリメイクされている。

隣に越して来た男が吸血鬼だと知った少年は、バンパイア・ハンターの当り役をもつ恐怖番組のホストに退治を依頼するが……。

【ストーリー】
TVのホラー番組“フライトナイト”に目がない高校生チャーリーは、ある日、隣家に住む男たちの不審な行動を目撃する。
なんと、男たちは美女の生血を吸い尽くすヴァンパイアだったのだ。
誰からも本気にされず狼狽するチャーリーに、正体を知られた男たちの魔の手が迫る!
恋人エイミー、親友エドに助けを求めたチャーリーは、なぜか“フライトナイト”の役者=ヴァンパイア・キラーのピーターを引き連れ、壮絶な闘いに挑む!

スペースバンパイア(1985年)

マチルダ・メイが演じる男の精気を吸い取る全裸の女形バンパイア。初上映時はメイの局部などにモザイク処理が施されていた。現在発売されているDVD版ではモザイクは取られている。スペースバンパイアは、宇宙から飛来し、生命エネルギー(精気)を吸い取る吸血鬼(吸精鬼)である。マチルダ・メイが演じる男の精気を吸い取る全裸の女形バンパイア。初上映時はメイの局部などにモザイク処理が施されていた。現在発売されているDVD版ではモザイクは取られている。スペースバンパイアは、宇宙から飛来し、生命エネルギー(精気)を吸い取る吸血鬼(吸精鬼)である。

『スペースバンパイア』“Space Vampire”(英: Lifeforce)は、1985年に制作されたイギリスのSFホラー映画。『悪魔のいけにえ』『ポルターガイスト』のトビー・フーパーを監督に据え、当時のSFXの粋を集めて作り上げた作品である。宇宙で発見された生物が、地球人の精気を吸い取っていくというSF恐怖映画。この作品の特徴の1つは人間の姿に変身した「スペースバンパイア」が全裸で登場すること。地上波テレビで放送されるたびに妖艶な宇宙人を演じるフランス人女優マチルダ・メイが話題を集めてきた。

スペースバンパイア(マチルダ・メイ)はガードマン、看護婦、院長、サー・パーシーと続々とエネルギーを奪っていった。スペースバンパイア(マチルダ・メイ)はガードマン、看護婦、院長、サー・パーシーと続々とエネルギーを奪っていった。

劇場公開時の日本ヘラルドによる煽情的な名コピーは、「あなたの精気吸いたい」

スペースバンパイアを退治するには十字の鉄くいで貫くしかない。カールセンは、全裸で美女バンパイアと抱き合い、自分自身と彼女を鉄くいで貫くと、大爆発がおきた。スペースバンパイアを退治するには十字の鉄くいで貫くしかない。カールセンは、全裸で美女バンパイアと抱き合い、自分自身と彼女を鉄くいのような剣で貫くと、大爆発がおきた。

カールセンと美女バンパイアは串刺しになり、爆発炎上。カールセンと美女バンパイアは串刺しになり、爆発炎上。


「スペースバンパイア」予告編

【ストーリー】
行方不明になっていた宇宙船チャーチルが、突如あらわれ地球に接近していた。すぐさま調査に赴いた捜索隊は、無残に焼けた船室のカプセル内で死んでいる全裸の美女を発見する。だがそれは、地球に回収させるように仕組まれたエイリアンの罠だった!

ヴァンプ(1986年)

「007 美しき獲物たち」などで知られる、グレイス・ジョーンズ主演で贈るホラー。大学寮に出現した吸血鬼の恐怖を描く。「007 美しき獲物たち」などで知られる、グレイス・ジョーンズ主演で贈るホラー。大学寮に出現した吸血鬼の恐怖を描く。

ヴァンプ(原題:VAMP)は、1986年のホラーコメディー映画。大学のクラブハウスの入寮試験で、先輩にストリッパーを連れてくることを要求された新入生。しかし彼が連れてきたのは吸血鬼! 大学寮に惨劇が巻き起こる。「007 美しき獲物たち」(1985年)に出演していた「グレイス・ジョーンズ」が女吸血鬼のボスのカトリーナ(高級ストリップ・クラブの女主人)を怪演し強烈な存在感を放つ。

ロストボーイ(1987年)

80年代ティーンホラー映画「ロストボーイ」は大ヒットした。80年代ティーンホラー映画「ロストボーイ」は大ヒットした。

『ロストボーイ』(英: The Lost Boys)は1987年のアメリカ合衆国のカルト的な人気を誇るティーンホラー映画。3人の少年が海辺の町に巣くう吸血鬼集団を退治するというホラー・コメディ。「ティーン・ヴァンパイア vs ティーン・ヴァンパイア・ハンター」といった若者仕様の吸血鬼映画。

「ロストボーイ」は、離婚した母親と一緒にカリフォルニアの海辺の町に引っ越してきたティーンエイジャーの兄弟が、町に巣食うバンパイアと対決するという、コメディタッチのティーンホラー。兄弟役をジェイソン・パトリックと故コリー・ハイムが演じた。「ロストボーイ」は、離婚した母親と一緒にカリフォルニアの海辺の町に引っ越してきたティーンエイジャーの兄弟が、町に巣食うバンパイアと対決するという、コメディタッチのティーンホラー。兄弟役をジェイソン・パトリックと故コリー・ハイムが演じた。

西海岸の田舎町へ引っ越してきた兄弟が、吸血鬼に詳しい漫画オタクの兄弟と共に、カリフォルニアに潜むヴァンパイアに立ち向かう。ポップなティーン向け青春映画に、ホラー映画の要素を加えた斬新な構成が話題になったアクションスリラー。ジョエル・シュマッカー監督のこの映画の興行収入成績は、3200万ドルと、当時のR指定ホラー映画としては大きな金額を売り上げ、サターンホラー映画賞を受賞した。

『24 -TWENTY FOUR-』の主人公ジャック・バウアー役で有名なキーファー・サザーランドなど当時の若手スターが熱演した。『24 -TWENTY FOUR-』の主人公ジャック・バウアー役で有名なキーファー・サザーランドなど当時の若手スターが熱演した。

ニア・ダーク/月夜の出来事(1987年)

『ニア・ダーク/月夜の出来事』(原題:Near Dark)は、1987年のアメリカのダークファンタジー・アクション映画。西部劇をモチーフにした物語、深い青を基調とした美しい映像、そして凄惨なバイオレンス描写を特長とした異色の吸血鬼映画。
田舎町の農場で暮らすカウボーイの青年ケイレブ(エイドリアン・パスダー)は、ある月夜の晩、道端で佇むメイと名乗る美しい少女(ジェニー・ライト)と出会う。彼女の怪しげな魅力に虜となるケイレブだったが、実はメイは吸血鬼だった。メイに首筋を噛まれたことで吸血鬼へと変貌してしまったケイレブは、正体不明の一団に拉致され止む無くメイたち吸血鬼の首領ジェシー(ランス・ヘンリクセン)率いる一味に加わるのだが――。

90年代以降、他ジャンルとの融合。ラブロマンス、モンスターアクションとして人気に。

フランシス・フォード・コッポラ監督の『ドラキュラ』(1992年)

ウィノナ・ライダーはエリザベータ役とミナ・マーレイ役、とそれぞれ二役を演じている。ウィノナ・ライダーはエリザベータ役とミナ・マーレイ役、とそれぞれ二役を演じている。

『ドラキュラ』 (Bram Stoker’s Dracula) は、1992年のアメリカ合衆国の映画である。ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』を原作としている。ブラム・ストーカーの原作を、巨匠フランシス・F・コッポラ監督が映画化したラブストーリー。亡き妻の面影を求めて彷徨うドラキュラと、妻に生き写しの女性との儚い恋の顛末を描く、永遠の愛を求め続ける悲しき男ドラキュラを描く。

ゲイリー・オールドマンの演じるドラキュラ伯爵と、ウィノナ・ライダーの演じるミナのロマンスが中心となっている。アンソニー・ホプキンスは司祭役とヴァン・ヘルシング役、ライダーはエリザベータ役とミナ役、とそれぞれ二役を演じている。

【ストーリー】
400年の時を彷徨い、永遠の愛を求め続ける哀しき男。最愛の女性を失い、神への復讐を誓ったドラキュラ伯爵と、自殺した伯爵夫人と生き写しのミナとの出会い。そして、ドラキュラ・ハンター、ヘルシング教授の登場!婚約者ジョナサンがいるにもかかわらず、愛し合ってしまったミナと伯爵の愛の行方は…?

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994年)

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(原題: Interview with the Vampire)は、1994年製作のアメリカ映画である。

現代のサンフランシスコ。街を見下ろすビルの一室で、インタビュアーを前に美しい青年ルイが自らの半生を語り始めた。18世紀末、最愛の妻を亡くし、絶望の淵に沈む彼の前に現れた悪魔的美貌の吸血鬼レスタト。彼によって永遠の命を与えらたルイは、レスタトと共に世紀末の夜をさまよう。人間の命を奪うことをなんとも思わないレスタトに対し、人間の心を捨てきれずに苦悩するルイ。だがある夜、母の亡骸にすがりつく少女クローディアと出会ったルイは、衝動的にその命を奪ってしまう。彼女をヴァンパイアの一族に招き入れるべく新しい命を吹き込むレスタト。しかし、それは思わぬ悲劇の始まりだった。

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年)

『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(原題: From Dusk Till Dawn)(日本語: 夕方から明け方まで) は、1996年製作のアメリカ映画である。

特殊メイクデザイナーのロバート・カーツマンが作ったプロットを元に、クエンティン・タランティーノが脚本を書き、ロバート・ロドリゲスが監督した作品。前半はヴァイオレンス・ロードムービーで、後半は一転してホラー・アクションと化す。

凶悪な強盗犯兄弟(ジョージ・クルーニー&クェンティン・タランティーノ)が、元牧師の親娘(ハーヴェイ・カイテル&ジュリエット・ルイス)などを人質にとりながらメキシコへと逃走し、仲間の待つ砂漠の酒場へと赴いた。しかし、そこはなんと吸血鬼の巣窟となっていたことから、人間VSヴァンパイアの壮絶な殺しあいが始まる…。

2人組の凶悪な銀行強盗ゲッコー兄弟は、トレーラーハウスで旅をする牧師一家を人質にメキシコへと逃亡する。厳しい検問をくぐり抜け国境を越えた一行は、ゲッコー兄弟の仲間カルロスとの待ち合わせ場所、砂漠にそびえる巨大な酒場ティティ・ツイスターに向かう。だが、バイカーやトラック運転手がたむろすその場所には恐るべき秘密が隠されていた……。

『ブレイド』シリーズ(1998年から2004年)


『ブレイド』(Blade)は、1998年制作のアメリカ映画。マーベル・コミックの『ブレイド』の映画化。世界征服を企むヴァンパイア一族とそれを阻止する「ヴァンパイアハンター」との戦いを描いたアクションホラー。『ブレイド』は、バンパイア・ハンター(ウェズリー・スナイプス)の物語。

人間と吸血鬼のハーフがヴァンパイア退治に挑む。ブレイドはヴァンパイアと人間との間に生まれた混血で、人間を脅かすヴァンパイアを抹殺するために闘うヴァンパイア・ハンターだ。彼は母親を死に追いやった宿敵のヴァンパイア、フロストを追っていた。フロストは世界征服を狙い、暗黒院の書庫で古代予言書「マルガの書」をコンピュータで解読し、12人のヴァンパイアを生け贄に全能の力を得ようと企んでいた。ブレイドは彼らのアジト暗黒院に潜入、フロストがマルガを呼び起こす儀式を阻止しようとする。

2000年以降の吸血鬼映画

SF・ファンタジー、ラブロマンスジャンルとの融合が進み安定的に吸血鬼映画は作り続けられている。名作のリメイクも増える。最新のドラキュラ映画は、物語の設定自体が複雑化しており、吸血鬼の定義(何が苦手か、弱点の設定など)は作品ごとに異なる。

アニメーション映画版『BLOOD THE LAST VAMPIRE』(2000年)

ベトナム戦争中の66年、横田基地内で起こる事件の陰に吸血鬼の存在を感じた“組織”は、基地内にひとりの少女・小夜を送り込む。ベトナム戦争中の66年、横田基地内で起こる事件の陰に吸血鬼の存在を感じた“組織”は、基地内にひとりの少女・小夜を送り込む。

『BLOOD THE LAST VAMPIRE』(ブラッド ザ ラスト ヴァンパイア)は、2000年から展開されたProduction I.GおよびI.Gプラス共同制作のメディアミックス作品群。少女と怪物が繰り広げる戦いを描いたホラーアクション作品である。2005年より世界観を共有する作品『BLOOD+』が同じくメディアミックス作品として展開したため、その前史として注目を集めることとなった。映画監督のクエンティン・タランティーノは本作のファン。

『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の関連作品

  • BLOOD+ – 本作を基にした、本作とは設定を異にする別の物語。
  • BLOOD-C – 2011年に放送されたアニメーション作品。本作・『BLOOD+』とも異なる別の物語。

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア(2002年)

『クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』(原題: Queen of the Damned)は、アン・ライスによる小説「呪われし者の女王」を原作として2002年に制作されたアメリカ合衆国のホラー映画。『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の続編にあたる。アリーヤは後に飛行機事故で死亡したため、遺作となった。

ニューオリンズの地下墓地。ヴァンパイアのレスタトは100年の眠りから覚醒した。レスタトはそれまで彼が生きてきたどんな時代にも聞いたことのない怒りと官能を秘めた響き――ロックンロールに突き動かされた。彼はその音楽を操る連中の仲間となる。そして一気に世界を魅了するロックスターとなった。レスタトは自らの孤独な運命を呪い、歌詞の中でヴァンパイアの秘密を暴露してヴァンパイアたちを挑発した。そして遂に、レスタトの歌声は全てのヴァンパイアの母にしてもっとも邪悪な伝説の女王アカーシャを、数千年の眠りから蘇らせてしまうのだった…。

時は来たりぬ。邪悪な微笑みを浮かべた、すべてのヴァンパイアの母たる女王が再び君臨する!

アンダーワールドシリーズ

『アンダーワールド』(Underworld)は、2003年制作のアメリカ映画。吸血鬼一族と狼男一族の間に続く、何百年にもわたる戦いを描くダークファンタジー・アクション映画。

人知を超えた世界“アンダーワールド”を舞台に、何百年にわたって続く吸血鬼<ヴァンパイア>と狼男族<ライカン>の壮絶な闘いを軸に、ヴァンパイアのヒロインと人間の青年との禁断の恋を描いたゴシック・サイバー・アクション。

ビルの屋上から楽々と地上に降り立つ一人の美女。彼女の正体は吸血鬼<ヴァンパイア>の女戦士セリーン。ある時、彼女はヴァンパイアの宿敵、狼男族<ライカン>が人間の青年医師マイケルを追いかけていることに気づく。不審に思ったセリーンはマイケルの行動を追跡。そして、彼に直接尋問している最中、ライカンたちに急襲される。セリーンはとっさにマイケルを助けて逃走するが、その直前、マイケルはライカンのリーダー、ルシアンに肩を咬まれてしまう。それは、マイケルがほどなくライカンになることを意味するのだった…。

  • アンダーワールド (2003年の映画)
  • アンダーワールド: エボリューション
  • アンダーワールド ビギンズ
  • アンダーワールド 覚醒
  • アンダーワールド ブラッド・ウォーズ

ヴァン・ヘルシング(2004年)

『ヴァン・ヘルシング』 (Van Helsing) は、2004年のアメリカ映画。またそれに合わせ制作された前章となるアニメ『ヴァン・ヘルシング アニメーテッド』がある。

モンスター・ハンターであるヴァン・ヘルシングの活躍を描くモンスターアクション映画である。本来、ヴァン・ヘルシングとは、ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』で、ドラキュラと戦う大学教授の名であるが、本作では大胆に設定を変更して「不死身のモンスターハンター」というヒーロー像を作り上げた。

30デイズ・ナイト(2007年)

『30デイズ・ナイト』(サーティー・デイズ・ナイト、原題:30 Days of Night)は、2007年のアメリカ映画。スティーヴ・ナイルズによる同名のコミックを原作としている。

アラスカ州バローは極夜の季節を迎えていた。その初日、保安官夫婦のエバンとステラは住民の飼い犬数十頭が殺されるという事件に遭遇した。さらに停電と電話不通が起こり、エバンが発電所に向かうと管理人は惨殺されていた。一連の事件の犯人はヴァンパイアであり、極夜に乗じて街へ繰り出し人々を襲い、30日間の狩りを始める。

「トワイライトの映画作品」シリーズ

『トワイライト〜初恋〜』(Twilight)は、2008年のアメリカ映画。原作はステファニー・メイヤーのベストセラー小説『トワイライト』。

雨と霧の町フォークスに引っ越してきた内気な高校生ベラと、そこで彼女が出会う完璧な容姿を持つヴァンパイア・エドワードとのロマンスを描く。

「トワイライトの映画作品」シリーズ

  • トワイライト〜初恋〜
  • ニュームーン/トワイライト・サーガ
  • エクリプス/トワイライト・サーガ
  • トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1
  • トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年)

『ぼくのエリ 200歳の少女』(スウェーデン語: Låt den rätte komma in、英語: Let the Right One In)は、2008年のスウェーデン映画。ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストによる2004年の小説『MORSE -モールス-』を原作者自らが脚色した吸血鬼映画である。原題は「正しき者を招き入れよ」という意味。少年少女の耽美で残酷な愛の物語。あまりの完成度の高さが話題を呼んだ。

核心部分の描写について本国では無修正で放映されたが、日本ではポルノ映画ではないにもかかわらず上映時にボカシ修正が入れられており、アミューズソフトエンタテインメントから販売されたセル盤も修正が入れられている。

モールス(2010年)

『モールス』(原題: Let Me In)は、2010年のホラー・恋愛映画。トーマス・アルフレッドソンが監督した2008年のスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』とその原作であるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストによる小説『MORSE -モールス-』(Låt den rätte komma in)に基づいており、マット・リーヴスが監督し、コディ・スミット=マクフィーとクロエ・グレース・モレッツが主演した。

ビザンチウム(2012年)

『ビザンチウム』(原題: Byzantium)は、2012年制作のイギリス・アイルランドのファンタジー・スリラー映画。R15指定。

吸血鬼の母娘を主人公としたモイラ・バフィーニ作の舞台劇をニール・ジョーダン監督、シアーシャ・ローナン主演で映画化。

タイトルの「ビザンチウム」とは売春宿の名前であり、イスタンブールの旧名とは関係ない。

ザ・ヴァンパイア〜残酷な牙を持つ少女〜(2014年)

ザ・ヴァンパイア〜残酷な牙を持つ少女〜(原題:A GIRL WALKS HOME ALONE AT NIGHT)は、2014年のアメリカのホラー映画。アナ・リリ・アミリプール監督がモノクロのスタイリッシュな映像で贈るバンパイアホラー。孤独な吸血鬼の少女と人間の青年の運命的な出会いを、イランの架空の町を舞台に描いたヴァンパイアムービー。

死と絶望に満ちたイランのとある町に、黒衣をまとった美しい少女が現れる。悪人たちを静かに襲う彼女の正体は、残忍な牙を持つバンパイアで…。

ヴァンパイア・アカデミー(2014年)

ヴァンパイア・アカデミー(原題:VAMPIRE ACADEMY)は、2014年の吸血鬼映画・SFファンタジー・アクション映画。

ヴァンパイアと人間の血を引く“ダンファー”のローズ(ゾーイ・ドゥイッチ)は、寿命があり穏健派のヴァンパイア・モロイ族を守る聖ウラジミール学園で生活していた。彼女は王族の親友リサ(ルーシー・フライ)を、不死身のヴァンパイア“ストリゴイ”から護衛するガーディアンを志す。ある日、ローズはベテランガーディアンのディミトリと出会い……。

関連項目・関連リンク

ホラーアニメ一覧
ホラー映画のサブジャンル
1 2 3