機動戦士ガンダムUC

マリーダ・クルス(プルトゥエルブ)

マリーダ・クルスは、OVA『機動戦士ガンダムUC』に登場する強化人間であり、ヒロインの一人。ネオ・ジオン残党『袖付き』において、ミネバ・ラオ・ザビ姫殿下護衛を担うガランシェール隊所属の強化人間。当該組織のニュータイプ専用MSクシャトリヤの専属パイロットでもある。

その正体は、第一次ネオ・ジオン戦争に於いて運用されたエルピー・プルの11体目のクローン「プルシリーズ」の内の一人であり、当初は「プルトゥエルブ」というコードネームで呼ばれていた。

ゲーマルクとの激戦の中、他のプルシリーズが全滅する中で唯一生き残るが、マスターであるグレミー・トトを失った後に悪質な人間売買業者に保護され、娼館に売り飛ばされてしまった彼女は年端もいかない身で壮絶な人生を送る。(OVA版ではぼかした表現になっていたが)ジンネマンに引き取られるまでの女性として残酷な生活を強いられ、「光」を奪われた時の心景、子供が産めない身体になってしまった経緯が、小説版で詳細に描写されている。

引用元: マリーダ・クルス (まりーだくるす)とは【ピクシブ百科事典】

量産型キュベレイの残骸を前にプルトゥエルブ時代のトラウマを再発し取り乱すマリーダ・クルス。量産型キュベレイの残骸を前にプルトゥエルブ時代のトラウマを再発し取り乱すマリーダ・クルス。

最終決戦では、体調・機体共に万全でない中、バンシィ・ノルンを小破まで追い込む善戦を見せるも、混乱したリディ・マーセナスのバンシィからネェル・アーガマへ放たれたビームを身を挺して防ぎ、死亡する。散り際のマリーダの遺志は、バナージ、ミネバ、ジンネマンだけでなくリディやアルベルト、トライスターにすら影響を与え、再起を促した。

マリーダ・クルスは、混乱したリディ・マーセナスのバンシィからネェル・アーガマへ放たれたビームを身を挺して防ぎ、死亡する。マリーダの遺志は、リディにも語りかける。マリーダ・クルスは、混乱したリディ・マーセナスのバンシィからネェル・アーガマへ放たれたビームを身を挺して防ぎ、死亡する。散り際のマリーダの遺志は、リディにも語りかける。そのおかげで闇堕ちしていたリディは正気に戻る。

リディ・マーセナスに撃墜された後、マリーダの思念は戦場の全ての人々に伝えるべきそれぞれの事を語りかけるため、宙域を駆け抜ける。

ロニ・ガーベイ

ロニ・ガーベイは、「機動戦士ガンダムUC」に登場するキャラクター。ヨンム・カークスの部下であり、彼を第二の家族として慕うジオン残党所属のエメラルドの瞳が印象的な、ニュータイプの少女。実父(ジオン軍人にして資産家)を地球連邦軍になぶり殺された事に対する復讐のために、遺産ともいえる大型モビルアーマーシャンブロに搭乗する。

ロニ・ガーベイは、両親の恨みを胸にシャンブロで戦うニュータイプ少女。

「思い知れ!思い知れ!思い知れ!」

ジオンは敗戦国であり、ロニは連邦軍に両親を殺された。父親の思念に操られ水陸両用モビル・アーマーのシャンブロでトリントン近郊の街を破壊していく。親の恨みを娘であるロニが受け継いでいる業の深い負の連鎖が悲劇をもたらした。

ロニ・ガーベイは、ユニコーンガンダムからビームマグナムを奪ったデルタプラスの一撃をコクピットに受け、どうにもできない哀しみを抱えたまま戦死したのだった。ロニ・ガーベイは、ユニコーンガンダムからビームマグナムを奪ったデルタプラスの一撃をコクピットに受け、どうにもできない哀しみを抱えたまま戦死したのだった。

シャンブロは対ユニコーンガンダム戦において、デストロイモードと互角のサイコ・フィールドを展開している。これらの事実から、ロニ・ガーベイのニュータイプ能力は極めて高い領域にあったと考えられる。

小説ではガンダムのララァ・スンや、Ζガンダムのフォウ・ムラサメのように、主人公と心を通わせながらも敵対し、死んでしまうヒロインのような役割のロニだが、OVAではバナージと同じく『親の願いを託された子供』ながら、それが呪いとなって自分の死を招くという、ある意味バナージのもう一つの姿にも思える役割にある。

引用元: アニヲタWiki(仮)「ロニ・ガーベイ」

機動戦士ガンダムNT

ミシェル・ルオ

ミシェル・ルオとは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』に登場する、三人の主人公の内の一人。ニューホンコンを拠点に地球連邦政府とも密接な関係を築く大企業「ルオ商会」会長・ルオ・ウーミンの次女(養女)にして特別顧問。ヨナ・バシュタ、リタ・ベルナルとは幼馴染。

ラプラス事変において、絶大な力を見せた「シンギュラリティ・ワン(技術的特異点)」、即ちユニコーンガンダムに並みならぬ興味を抱いており、その3号機フェネクスを我が手にせんとマーサ・ビスト・カーバインの護衛部隊を兵士の殺害すら躊躇わずに襲撃。さらに協定違反兵器であるナラティブガンダムまでも調達して『不死鳥狩り』作戦を展開するクラップ級宇宙巡洋艦ダマスカスに乗り込む。

IIネオ・ジオングとの戦いでヨナを助けるために盾となり命を落とす。その後魂はフェネクスに宿り、IIネオ・ジオングを撃破した後、リタと共に宇宙の彼方へと去っていった。

リタ・ベルナル

ユニコーンガンダム3号機フェネクス機動試験時の暴走によって、リタの肉体は既に消滅しており、魂だけをフェネクスのサイコフレームに宿していた。ユニコーンガンダム3号機フェネクス機動試験時の暴走によって、リタの肉体は既に消滅しており、魂だけをフェネクスのサイコフレームに宿していた。

リタ・ベルナルは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』に登場する、三人の主人公の内の一人。時の経過と共に、肉体・脳組織レベルの強化施術を受けたリタは、宇宙世紀0095年12月4日、ユニコーンガンダム3号機フェネクス機動試験のパイロットとして選抜される。当該試験においてNT-Dを暴走させ、連邦軍高官を乗せたアイリッシュ級「エシャロット」を撃沈。そのままフェネクスと共に消息不明の身となる(エシャロット事件)。

幼少期からニュータイプ能力に目覚めており、グリプス戦役終結後もひそかに被験者として人体実験を受け続け、宇宙世紀0095年に能力を見込まれてフェネクスのテストパイロットとなるが、起動実験中に暴走事故を起こして消息不明となる。幼少期からニュータイプ能力に目覚めており、グリプス戦役終結後もひそかに被験者として人体実験を受け続け、宇宙世紀0095年に能力を見込まれてフェネクスのテストパイロットとなるが、起動実験中に暴走事故を起こして消息不明となる。

クリスチーナ・マッケンジー(OVA作品『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』)

クリスチーナ・マッケンジー(クリス)とバーナード・ワイズマン(バーニィ)は互いに好意を抱くようになる・・・。クリスチーナ・マッケンジー(クリス)とバーナード・ワイズマン(バーニィ)は互いに好意を抱くようになる・・・。

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』は、1989年に製作された「ガンダム」シリーズのOVA。クリスチーナ・マッケンジーは、OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する人物。愛称はクリス (Chris) 。バーナード・ワイズマンは、ジオン公国軍突撃機動軍伍長、特殊部隊サイクロプス隊の隊員。愛称はバーニィ。互いに好意を抱くクリスとバーニィが知らずして殺しあう結末。戦争の悲劇。

クリスチーナ・マッケンジー(クリス) ザク改のパイロットがバーニィであることを知らない・・・。クリスチーナ・マッケンジー(クリス) ザク改のパイロットがバーニィであることを知らない・・・。

コクピットを貫かれて爆散するザク改と大破したガンダムNT-1・・・コクピットを貫かれて爆散するザク改と大破したガンダムNT-1・・・

「もう戦わなくてもいい」と駆け寄るアルの眼前でザク改は大爆発を起こし、バーナード・ワイズマン(バーニィ)は壮烈な戦死を遂げる。任務の目標であったガンダムNT-1を操縦していたパイロットは、実は互いに惹かれ合ったクリスだったのだが、この事実を最後まで知らないままであった。
連邦軍救護班が駆けつけ、アレックスのコクピットから救助されたクリスの姿を目撃したアルは言葉を失ってしまう。
連邦軍救護班が駆けつけ、アレックスのコクピットから救助されたクリスの姿を目撃したアルは言葉を失ってしまう。

アリーヌ・ネイズン(OVA『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』)

機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線は、一年戦争をテーマとしたフル3DCG制作によるガンダムのOVA作品。各話で主人公役を務める地球連邦軍人たちは、いずれも死神に見つめられながらラストシーンで予期せぬ無慈悲な事実に直面し、希望を断たれた形で非業の死を遂げる。主人公たちは誰1人報われない。

アリーヌ・ネイズンは、RTX-440ガンタンク小隊指揮官兼1番機パイロット。自爆攻撃で復讐を遂げることに成功したが…。アリーヌ・ネイズンは、RTX-440ガンタンク小隊指揮官兼1番機パイロット。自爆攻撃で復讐を遂げることに成功したが…。

アリーヌ・ネイズンは、OVA『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』に登場するキャラクター。地球連邦軍技術中尉で、RTX-440ガンタンク小隊の1番機パイロット兼指揮官。

クライド・ベタニーという同僚で交際相手がいたが、彼がジオンにRTX-440「陸戦強襲型ガンタンク」の技術を流出させる事件が起こり、さらに彼がジオン側へ逃亡したため、その事件への関与を問われて軍事裁判にかけられ、終身刑を言い渡される。

以来ずっと「クライドへの復讐」だけを胸に生きてきたが、オデッサ作戦の際に仮釈放され、オデッサ攻略部隊への増援としてミケーレ・コレマッタの下にガンタンク部隊を率いて派遣される。

司令部がジオンと内通していたと思い激昂、命令を無視し、ダブデからのクライドの声にも耳を貸さず、自爆装置を作動させ自機もろともダブデを沈黙、彼女は復讐を成し遂げたのである。

アリーヌ・ネイズンは、死神からクライドが二重スパイであり、技術流出もジオンに潜入するための手段であったことを知らされ、絶望に打ちのめされる。アリーヌ・ネイズンは、死神からクライドが二重スパイであり、技術流出もジオンに潜入するための手段であったことを知らされ、絶望に打ちのめされる。

クライドがジオンに寝返ったのは実はジオンへの潜入のためであり、技術流出事件も司令部があえて行わせた潜入工作の一手だったのである。もちろん、ダブデへの攻撃をするなという命令も、この事情のためであったのだが、クライドが潜入任務を負っているということは、アリーヌには一切知らされていなかった。

死神が語りかけて彼女が全てを知ったときにはすでに遅く、連邦軍の一斉攻撃が始まり、彼女は絶望しながら弾幕の爆発の中に消えていった。

死神は、宇宙からジオン軍とともに降りてきた、黒衣を身にまとった謎の女性。『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』の各話の主要登場人物に絡んで甘言や煽りをした挙句に死に追いやる。宇宙世紀『ガンダム』シリーズにおける、唯一の人外の存在でもある。

宇宙世紀以外のガンダムシリーズの悲劇のヒロイン一覧

∀ガンダム

『∀ガンダム』(ターンエーガンダム)は、サンライズ製作のテレビアニメで、『ガンダムシリーズ』に属するロボットアニメ作品。1999年(平成11年)4月9日から2000年(平成12年)4月14日までフジテレビ系列(一部を除く)で全50話が放送された。

ソシエ・ハイム

ソシエ・ハイム (Sochie Heim) は、テレビアニメ『∀ガンダム』に登場する。ロランを巡る恋敵のディアナに敗れ、フラレるヒロイン。あまりにかわいそうなラスト。

ロランは涙ながらに止めるソシエを振り切り、ディアナとの穏やかな生活を選ぶのだった。ロランは涙ながらに止めるソシエを振り切り、ディアナとの穏やかな生活を選ぶのだった。

『∀ガンダム』最終話「黄金の秋」では、戦後、ロランに自分の気持ちを伝えるが、ロランはディアナの余生を共に過ごすことを選び、涙を流しながらキスを交わし別れた。小説では佐藤茂版、福井晴敏版ともにロランと結ばれる結末となっている。

ソシエ・ハイムは、ロランと涙を流しながらキスを交わし別れた。ソシエ・ハイムは、ロランと涙を流しながらキスを交わし別れた。

月に泣き叫ぶソシエ・ハイムのラストシーンは貰い泣きものである。月に泣き叫ぶソシエ・ハイムのラストシーンは貰い泣きものである。

テテス・ハレ

テテス・ハレは、ディアナの暗殺に失敗した為にミーム・ミドガルドによって口封じで射殺された。テテス・ハレは、ディアナの暗殺に失敗した為にミーム・ミドガルドによって口封じで射殺された。

ディアナ暗殺のために送り込まれたミーム・ミドガルドの部下。色気あふれる美女。ディアナ暗殺に失敗したため、ミドガルドによって口封じのために狙撃され死亡した。

テテスに好意を抱くムーンレィスの一般帰還民のトロイを色気でそそのかして∀ガンダムを奪おうとするが、最終的にはロランともみ合っていたところをミドガルドによって口封じのため狙撃され死亡した。テテスに好意を抱くムーンレィスの一般帰還民のトロイを色気でそそのかして∀ガンダムを奪おうとするが、最終的にはロランともみ合っていたところをミドガルドによって口封じのため狙撃され死亡した。

機動戦士ガンダムSEED

フレイ・アルスター

フレイ・アルスターは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』に登場するキャラクター。番組開始時点では、ラクス・クライン、カガリ・ユラ・アスハと共にヒロインの一人と報じられていた。大西洋連邦事務次官ジョージ・アルスターの愛娘で、典型的なお嬢様タイプ。キラがほのかに好意を寄せる、憧れの女性であった。ブルーコスモスの一員である父の影響で、コーディネイターに強い偏見を持っている。サイとは親同士が決めた婚約者で、両想いであった。

自分が無力であることを知っている彼女は、「キラの力を使ってコーディネイターに復讐してやる」と決め、女の武器(身体)で籠絡し関係を持つ。
一方で婚約者であったサイを無視するようになり、キラの前でこっぴどく振った。フレイのあまりにも身勝手な言動や昼ドラも真っ青なドロドロ展開も含め、一部視聴者からの非難が殺到した。

フレイ・アルスターは、『機動戦士ガンダムSEED』の女性キャラの中でも特に批判されることの多いキャラであったが・・・序盤と終盤とでファンからの評価がガラリと変わったキャラクターでもある。最終話にてアークエンジェルに向かうも、キラの目の前でクルーゼによってシャトルは沈められ、命を散らした。フレイ・アルスターは、『機動戦士ガンダムSEED』の女性キャラの中でも特に批判されることの多いキャラであったが・・・序盤と終盤とでファンからの評価がガラリと変わったキャラクターでもある。最終話にてアークエンジェルに向かうも、キラの目の前でクルーゼによってシャトルは沈められ、命を散らした。

最終話にてアークエンジェルに向かうも、戦闘空域から離脱しようとする脱出艇シャトルの窓越しからフリーダムに搭乗するキラと再会を果たすものの、直後にラウ・ル・クルーゼが駆るプロヴィデンスのドラグーン・システムから放たれたビームが脱出艇に直撃して落命する。

ナタル・バジルール

ナタル・バジルールは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』に登場するキャラクター。地球連合軍の女性士官で、階級は少尉。厳格で気が強く、劇中では軍人らしい判断をしないマリュー・ラミアスとは意見が対立することがあった。

「撃てぇぇぇぇぇッ! マリュー・ラミアスゥゥゥッ!!」ナタルは自分の過ちを悔い、最期はアークエンジェルから放たれたローエングリンでアズラエルを道連れにした。撃てぇぇぇぇぇッ! マリュー・ラミアスゥゥゥッ!!

ナタルは自分の過ちを悔い、最期はアークエンジェルから放たれたローエングリンでアズラエルを道連れにした。

ムルタ・アズラエルを生かしておいてはならないと確信したナタルは、戦闘継続を主張する彼の抗弁を無視して全クルーに退艦命令を出す。ナタルはアズラエルに全身を銃で撃たれながらも彼をブリッジに拘束し、アークエンジェルにローエングリンを撃たせ、アズラエルを道連れに戦死した。その際の表情は、銃撃による血に塗れながらも穏やかな微笑みに満ちていた。

アストレイ三人娘(アサギ、マユラ、ジュリ)

アストレイ三人娘とは、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場するアサギ、マユラ、ジュリの三人の通称。 他にもM1隊やオーブ三人娘とも呼ばれる。アストレイ三人娘とは、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場するアサギ、マユラ、ジュリの三人の通称。他にもM1隊やオーブ三人娘とも呼ばれる。搭乗機はM1アストレイ。三人の死がカガリのSEEDの覚醒を促す事になった。しかし、その際の三人の死の描写はわずか数秒。そのあまりにもあっけない最期に呆然としたファンも多かったとか。 搭乗機はM1アストレイ。三人の死がカガリのSEEDの覚醒を促す事になった。しかし、その際の三人の死の描写はわずか数秒。そのあまりにもあっけない最期に呆然としたファンも多かったとか。

搭乗機はM1アストレイ。三人の死がカガリのSEEDの覚醒を促す事になった。しかし、その際の三人の死の描写はわずか数秒。そのあまりにもあっけない最期に呆然としたファンも多かったとか。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

シン・アスカの実妹マユ・アスカ

シン・アスカの実妹マユ・アスカは、カラミティかフリーダムによる流れ弾が直撃。両親ともども命を散らしてしまう結果となった。

コズミック・イラ(C.E.)71年6月15日、大西洋連邦を主力とする地球連合軍とオーブ連合首長国によるオノゴロ島の攻防戦の中、シン・アスカはたった1発の砲弾で家族を失った。妹マユが落とした携帯電話を握り締め、シンは自らの非力さに絶望する。

C.E.71年6月15日、大西洋連邦がオーブに侵攻した事で戦渦に巻き込まれ、家族と共に避難船の停泊する港に向かう途中で妹のマユが落とした携帯電話を拾おうとシンが離れた直後に流れ弾に巻き込まれ、目の前で家族を失った。

シン・アスカの実妹マユ・アスカは、カラミティかフリーダムによる流れ弾が直撃。両親ともども命を散らしてしまう結果となった。マユ・アスカは母親に手を引かれていたが運動不足なのか、遅れ気味になっていた。その最中、大切にしていたピンクの携帯を落としてしまう。妹想いなシンが携帯を取りに一人離れたところで、カラミティかフリーダムによる流れ弾が直撃。両親ともども命を散らしてしまう結果となった。

マユ・アスカの死体は中々グロテスクとなっており、片腕が千切れてしまっていた。マユ・アスカの死体は中々グロテスクとなっており、片腕が千切れてしまっていた。

マユ・アスカの死体は中々グロテスクとなっており、片腕が千切れてしまっていた。

 

ステラ・ルーシェ

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のヒロインの一人であるステラ・ルーシェは、度重なる最適化やデストロイでの戦闘の影響で、身体は限界を迎えてしまい、最期はシンに「好き」と伝え、彼の腕の中で力尽きた。「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のヒロインの一人であるステラ・ルーシェは、度重なる最適化やデストロイでの戦闘の影響で、身体は限界を迎えてしまい、最期はシンに「好き」と伝え、彼の腕の中で力尽きた。

ステラ・ルーシェは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するキャラクター。地球連合軍・ファントムペインに所属する紅一点の少女で、薬物投与や改造手術により、エクステンデッドにされた人物の一人。強化人間のご多分に漏れず、戦闘になると一変して攻撃的な性格に変貌する。

帰隊後は連合の地上空母・ボナパルトで更なる再調整を受け、デストロイガンダムの生体CPUとしてベルリンを含むヨーロッパの三都市で無差別破壊及び虐殺を行い、焼け野原にしてしまう。キラ・ヤマトの乗るフリーダムガンダムによりデストロイガンダムは撃墜され、ステラも致命傷を負ってしまう。シンにより救助されたものの既に手遅れであり、最期は彼の腕の中で力尽きた。彼女の遺体は「これ以上彼女を弄ばれたくない」というシンの願いにより、彼自身の手で雪の降る山中の湖に水葬にされた。ステラの死によってシンの怒りの矛先はフリーダムを駆るキラへと向けられ、二人の対立は決定的となる。

ミーア・キャンベル

偽りのラクス・クラインであるミーア・キャンベルは、最後には暗殺部隊のサラの銃撃からラクスを庇い、死亡した。偽りのラクス・クラインであるミーア・キャンベルは、最後には暗殺部隊のサラの銃撃からラクスを庇い、死亡した。

ミーア・キャンベルは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するキャラクター。前大戦の後、姿をくらましたラクス・クラインの替え玉として、ギルバート・デュランダル議長により用意された、ラクスの影武者。顔は整形手術によってラクスに似せているが、声やスタイルなどは、元々のミーア自身のもの。

お目付け役のサラの話術でアスラン・ザラをおびき寄せる役割を与えられ、そこで本物のラクスと出会う。彼女は「自分がラクス」と言い張るが、本物から「ラクス」をあげると説得され和解。最後は暗殺部隊のサラの銃撃からラクスを庇い、死亡した。最後は憧れていたラクスと想いを寄せていたアスランに看取られながら、静かに息を引き取った。

ミューディー・ホルクロフト(『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』)

ミューディー・ホルクロフトは、ケルベロスバクゥハウンドによって貪り殺しされた。多くの視聴者が衝撃を受けた。ミューディー・ホルクロフトは、ケルベロスバクゥハウンドによって貪り殺しされた。多くの視聴者が衝撃を受けた。

『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』とは、「機動戦士ガンダムSEED」の外伝作品。シリーズ初のウェブ配信作品である。ミューディー・ホルクロフトとは、「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」に登場するキャラクターである。バクゥ、ケルベロスバクゥハウンドに立て続けに機体の片手足を切断され転倒し、そのまま機体に群がったバクゥハウンドのビームファングにコクピットを滅多刺しにされ、嗚咽と絶叫のなか死亡した。

ミューディー・ホルクロフトの乗るブルデュエルを獲物に群がるハイエナの如く、ビームファングで貪り殺すシーンは、ガンダムシリーズ屈指のトラウマシーン。ミューディー・ホルクロフトの乗るブルデュエルを獲物に群がるハイエナの如く、ビームファングで貪り殺すシーンは、ガンダムシリーズ屈指のトラウマシーン。

ケルベロスバクゥハウンドのビームファングでコクピットを滅多刺しされるケルベロスバクゥハウンドのビームファングでコクピットを滅多刺しされる。

ミューディー・ホルクロフトの最期は、飢えた野犬の群れが人間を襲って貪り食うような悲惨な光景であった。ミューディー・ホルクロフトの最期は、飢えた野犬の群れが人間を襲って貪り食うような悲惨な光景であった。

機動戦士ガンダム00

ルイス・ハレヴィ

「ネーナ・トリニティ」のガンダムスローネドライの無差別発砲によって、左腕を失っていたルイス・ハレヴィ「ごめんね沙慈。せっかく買ってくれたのに、キレイな指輪なのに…もうはめられないの。」(「機動戦士ガンダム00」1期第18話)「ネーナ・トリニティ」のガンダムスローネドライの無差別発砲によって、左腕を失っていたルイス・ハレヴィ「ごめんね沙慈。せっかく買ってくれたのに、キレイな指輪なのに…もうはめられないの。」(「機動戦士ガンダム00」第18話「悪意の矛先」の劇中より)

「ネーナ・トリニティ」のガンダムスローネドライの無差別発砲によって、左腕を失っていたルイス・ハレヴィルイス・ハレヴィは、「機動戦士ガンダム00」に登場するキャラクター。テレビアニメ第1期では、沙慈・クロスロードの彼女であり、お金持ちのお嬢様らしくわがままながら明るい性格だった。その後、ネーナ・トリニティのストレス発散無差別攻撃(「自分達が戦っているのに楽しそうに遊んでいる」という理由からハレヴィ一族のパーティ会場を砲撃し、惨殺する。)に巻き込まれ両親と片腕を失う。民間人サイドのヒロインから悪堕ちする。家族を奪ったガンダムの存在を憎むようになり、アロウズの一員兼出資者となってパイロットとなる。自分の過去を捨てて憎しみの心で戦うようになってしまった。

『ガンダム』への深い怨恨を抱く中、リボンズ・アルマークと出会い彼のスポンサーとなり、その手引きによってアロウズのパイロットとなる。『ガンダム』への深い怨恨を抱く中、リボンズ・アルマークと出会い彼のスポンサーとなり、その手引きによってアロウズのパイロットとなる。

アニュー・リターナー

最期はリボンズに操られ、ロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)に止めを刺そうとした瞬間に刹那の手で討たれてその生涯を閉じる事となった。最期はリボンズに操られ、ロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)に止めを刺そうとした瞬間に刹那の手で討たれてその生涯を閉じる事となった。

アニュー・リターナーは、「機動戦士ガンダム00」に登場するキャラクター。王留美のスカウトによりソレスタルビーイングに参加した、様々な工学技術の資格を持っている女性。二代目ロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)とは恋人関係になった。その正体は情報端末タイプのイノベイドであり、プトレマイオス2の位置が把握されていたことも彼女の存在が原因であった。ケルディムを撃墜寸前にまで追い込んだが、あらかじめ「もしもの時は自分が撃つ」と宣言していた刹那のダブルオーライザーによって撃墜され、死亡した。

クリスティナ・シエラ

クリスティナを庇って致命傷を負うリヒティ。機械化された彼の体に衝撃を受けるクリスティナ。クリスティナ・シエラはリヒティの想いを受け入れ、艦の爆発に巻き込まれて死亡した。クリスティナを庇って致命傷を負うリヒティ。機械化された彼の体に衝撃を受けるクリスティナ。クリスティナ・シエラはリヒティの想いを受け入れ、艦の爆発に巻き込まれて死亡した。

クリスティナ・シエラは、「機動戦士ガンダム00」に登場するキャラクター。プトレマイオスの戦況オペレーター。国連軍との最終決戦において、戦闘時に被弾の危険性が高いブリッジからフェルトを強襲用コンテナに避難させるが、GN-Xの攻撃でブリッジが破壊され、リヒテンダール・ツエーリ(リヒティ)と共に致命傷を負ってしまう。その際、機械化された彼の体に衝撃を受けるも、彼の想いを受け入れ、艦の爆発に巻き込まれて死亡した。彼女とリヒティの死はソレスタルビーイングのメンバーに深い心の傷を作った。

絹江・クロスロード(機動戦士ガンダム00)

車中でアリー・アル・サーシェスの本性を知った絹江・クロスロードは、惨めで無残な結末に。車中でアリー・アル・サーシェスの狂気の本性を知った絹江・クロスロードは、惨めで無残な結末に。

絹江・クロスロードとは、「機動戦士ガンダム00」の登場人物。JNN(Japan News Network)に勤務するジャーナリスト。22歳。沙慈・クロスロードの姉であり、幼い頃に両親を亡くした彼にとっては唯一の肉親でもある。

絹江・クロスロードは、戦争狂の野獣に等しいまでの好戦的な危険な男であるアリー・アル・サーシェスの手に掛かり、殺害されてしまう。絹江・クロスロードは、戦争狂の野獣に等しいまでの好戦的な危険な男であるアリー・アル・サーシェスの手に掛かり、殺害されてしまう。

絹江・クロスロードは、「機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)」第20話「変革の刃」にて、アリー・アル・サーシェスに殺害される。取材の末にAEUのリニアトレイン公社のラグナ・ハーヴェイがソレスタルビーイングと接点を持つ事を突き止め、ラグナに取材を申し込むが門前払いを受けた為、公社からラグナとの面会を終えて出てきたアリー・アル・サーシェスに接触し取材を行うが、その姿勢が彼の行動の妨げになると判断され、殺害された。

絹江・クロスロードは、這いつくばって家族の写真を掴もうもするも、絶望の果てに死亡…。絹江・クロスロードは、這いつくばって家族の写真を掴もうもするも、絶望の果てに死亡…。

ラグナ・ハーヴェイの元に訪れても追い返された事で、ラグナと会見していたアリー・アル・サーシェスにインタビューしようと彼の車に同乗してしまった末、最後はサーシェスによって殺され、遺体は冷たい雨が降りしきる路上に放置されるという、惨めな結末を迎える事となった。

絹江・クロスロードの遺体は冷たい雨が降りしきる路上に放置されるという、惨めな結末。次回にて死体袋の中に入った姉の絹江・クロスロードと対面する沙慈・クロスロードの悲しみが描かれる。絹江・クロスロードの遺体は冷たい雨が降りしきる路上に放置されるという、惨めな結末。次回21話にて死体袋の中に入った姉の絹江・クロスロードと対面する沙慈・クロスロードの悲しみが描かれる。

劇場版「機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」 / ELSに浸食され、植物人間にされたアーミア・リー

ELSによって左半身を侵食された状態で地球連邦軍に回収され、ELS研究の為の「被検体」として登場。ELSによって左半身を侵食された状態で地球連邦軍に回収され、ELS研究の為の「被検体」として登場。

自宅に帰宅した所で、リボンズ・アルマーク(と同タイプのイノベイドを乗っ取ったELS)に襲われてしまう。自宅に帰宅した所で、リボンズ・アルマーク(と同タイプのイノベイドを乗っ取ったELS)に襲われてしまう。

アーミア・リーとは、劇場版「機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」の登場人物。友達と別れて家に帰宅した際にELSに襲われ、体の半身を金属結晶化されて、植物人間状態となってしまった女子高生。

ELSは、ガンダムシリーズにおける敵としては史上初(コミック等は除く)の地球外生命体であり、要するに宇宙怪獣。

彼女の体は、ビリーら連邦のELS研究のための貴重なサンプルとして扱われ、その姿を見たクラウスやキム中将を驚愕させた。劇中の中盤、ELSの大群が木星のワームホールから出現した時に反応し、目を覚ました。

機動戦士ガンダムAGE

ユリン・ルシェル

「機動戦士ガンダムAGE」のユリン・ルシェルが死の間際に主人公のフリット・アスノに遺した言葉「生きるのって難しいね」「機動戦士ガンダムAGE」のユリン・ルシェルが死の間際に主人公のフリット・アスノに遺した言葉「生きるのって難しいね」

ユリン・ルシェルは、テレビアニメ「機動戦士ガンダムAGE」に登場するキャラクター。

ユリン・ルシェルは、とどめを刺そうとするデシルからフリットを庇うような形で戦死する。(『機動戦士ガンダムAGE』第14話「悲しみの閃光」の劇中より)ユリン・ルシェルは、とどめを刺そうとするデシルからフリットを庇うような形で戦死する。(『機動戦士ガンダムAGE』第14話「悲しみの閃光」の劇中より)

アンバット攻防戦では、デシルに「武器」として利用され、UEの新型MS「ファルシア」のパイロット…というよりはXラウンダーの共振のためのユニットという扱いで出撃させられる。そして自分の意思とは関係なくフリットを攻撃してしまうことに苦しみ、デシルの攻撃からフリットを庇って機体をゼダスソードに貫かれてしまう。ユリンは「生きるのって難しいね」とフリットへ呟き、悲しい最期を迎えることになった。彼女の最期のシーンについては、ララァ・スンのオマージュとも言われている。

レミ・ルース

地球の引力に引かれて落ち始めたダウネスは、ディーヴァと衝突。離脱を試みる中で、整備士のレミ・ルースは命を落としてしまう。地球の引力に引かれて落ち始めたダウネスは、ディーヴァと衝突。離脱を試みる中で、整備士のレミ・ルースは命を落としてしまう。

レミ・ルースは、「機動戦士ガンダムAGE」に登場するキャラクター。戦艦ディーヴァの整備士。普段はオブライト・ローレインの駆るジェノアスIIの整備を担当している。23歳。階級は曹長。眼鏡と三つ編みの髪が特徴。第27話でミンク・レイデンの攻撃を受けてしまい、オブライトの前で悲しい最期を遂げてしまう。

レミ・ルースは、救出に来たオブライトに必ずディーヴァへ帰るよう言い残して息を引き取った。レミ・ルースは、救出に来たオブライトに必ずディーヴァへ帰るよう言い残して息を引き取った。

ルウ・アノン

ルウ・アノンは、ディーンの妹。末期のマーズレイよる病に侵されており、自宅でほとんど寝たきりの生活を送っている。ディーンに招かれたキオに興味を抱き、やがて淡い想いを寄せる。キオがイゼルカントからもらってきた薬によって一時的に病状が安定し、キオとの念願の外出を果たすが、その翌日に安らかな表情で息を引き取った。ルウ・アノンは、ディーンの妹。末期のマーズレイよる病に侵されており、自宅でほとんど寝たきりの生活を送っている。ディーンに招かれたキオに興味を抱き、やがて淡い想いを寄せる。キオがイゼルカントからもらってきた薬によって一時的に病状が安定し、キオとの念願の外出を果たすが、その翌日に安らかな表情で息を引き取った。

ルウ・アノンは、「機動戦士ガンダムAGE」に登場するキャラクター。火星付近に浮かぶヴェイガンのコロニー「セカンドムーン」に住む少女。兄のディーン・アノンと2人で暮らしていて、ヴェイガンに捕らわれて街にやって来たキオ・アスノと知り合う。彼女の体は死の病「マーズレイ」に侵されており、本人も先が長くないことを分かっている。後にキオから病状の進行を遅らせる薬を渡され、それを呑みながら兄やキオと街へ出かけ、楽しい思い出を作る。そして、アセム達ビシディアンがキオの救援に現れた頃にひっそりと息を引き取った。

レイナ・スプリガン(ジラード・スプリガン)

ジラード・スプリガンは、「機動戦士ガンダムAGE」に登場するキャラクター。地球連邦軍のエースパイロットの女性士官で、階級は大佐。本名は「レイナ・スプリガン」。MSはマッドーナ工房で作られたXラウンダー専用のカスタム機、ティエルヴァに乗る。

レイナ・スプリガンが、闇堕ちして、連邦を見限り、復讐のためヴェイガンへと寝返った。それ以後は亡き恋人の名をとってジラード・スプリガンと名乗る。レイナ・スプリガンが、闇堕ちして、連邦を見限り、復讐のためヴェイガンへと寝返った。それ以後は亡き恋人の名をとってジラード・スプリガンと名乗る。

かってレイナ・スプリガンは、同僚で婚約者でもあったジラード・フォ-ネル少佐と幸せな未来を描いていたが、Xラウンダー用新システムの試験の際、装着した装置の暴走と上層部の試験続行指示により機体が大破。本人は負傷で済んだが、恋人のジラード・フォーネル少佐を失ってしまう。上層部は彼女を二階級特進させる代わりにこの事故の責任を死んだ恋人に押し付けて隠蔽したため、彼女はそんな連邦を見限り、復讐のためルナベース基地司令官アローン・シモンズの誘いにのってヴェイガンへと寝返った。そして、それ以後は亡き恋人の名をとってジラード・スプリガンと名乗る。

元々は誠実な性格だったが、事故と連邦の腐敗体質に触れた事で人格が豹変(悪堕ちによる黒化)。好戦的かつひねくれた性格となっており、物事を悲観的に見る傾向があった。

3機のガンダムと交戦し、ゼハート・ガレットとフラム・ナラも交えた戦場で、事故による負傷が原因でXラウンダー能力が暴走。キオやゼハートらのXラウンダー能力に干渉して彼らのビットやファンネルのコントロールを奪い、無差別攻撃を仕掛けるも、結局フリットの攻撃を受け、最期を迎えることとなった。

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

フミタン・アドモス

フミタン・アドモスは、刺客がクーデリアへ放った凶弾を、彼女の元へ駆け戻り身代わりに受ける。フミタン・アドモスは、刺客がクーデリアへ放った凶弾を、彼女の元へ駆け戻り身代わりに受ける。

フミタン・アドモスは、テレビアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場するキャラクター。バーンスタイン家に仕える侍女。クーデリア・藍那・バーンスタインの付き人であり、アーヴラウ政府との交渉の為に、地球へ向かうクーデリアに同行する。ドルトコロニーにおけるクーデター鎮圧の場に、あろうことかクーデリアがたまたま居合わせてしまうというハプニングが起きる。そのハプニングに乗じて、彼女を狙うノブリスの刺客の狙撃から、身を挺してクーデリアを庇い、その凶弾に倒れ、命を落とす。

フミタンは、凶弾に倒れた後もその身体でクーデリアを庇い続けた。最期は希望を見出したクーデリアの身を守るという責任を果たした。フミタンは、凶弾に倒れた後もその身体でクーデリアを庇い続けた。最期は希望を見出したクーデリアの身を守るという責任を果たした。

カルタ・イシュー

カルタ・イシューは、駆けつけたガエリオのガンダム・キマリストルーパーに救出されるも、既に機体損傷による負傷も深く、コクピット内に侵入した冷水や寒冷地の外気により低体温状態に陥って判断力を失っていた。カルタ・イシューは、駆けつけたガエリオのガンダム・キマリストルーパーに救出されるも、既に機体損傷による負傷も深く、コクピット内に侵入した冷水や寒冷地の外気により低体温状態に陥って判断力を失っていた。

カルタ・イシューは、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場するキャラクター。ギャラルホルンの地球外縁軌道統制統合艦隊司令官。階級は一佐。正面から教科書通りの戦闘しか知らないカルタとゲリラ戦で戦い抜いてきた鉄華団の面々では勝負にならないことは明白。

エドモントンを目指す鉄華団の前に、決闘を望むカルタが立ち塞がる。しかし、三日月たちはその歩みを止めることなく前に進む(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第23話「最後の嘘」)。エドモントンを目指す鉄華団の前に、決闘を望むカルタが立ち塞がる。しかし、三日月たちはその歩みを止めることなく前に進む(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第23話「最後の嘘」)。

鉄華団に戦いを挑もうとするが、独善なだけの決闘は三日月・オーガスに却下され、ビスケットの敵討ちに燃える三日月のガンダムバルバトスの猛攻により重傷を負う。

カルタ・イシューが、殺戮の悪魔、三日月・オーガスに殺される。「助けて…。」カルタ・イシューが、殺戮の悪魔、三日月・オーガスに殺される。

止めの寸前にガンダム・キマリストルーパーで駆けつけたガエリオ・ボードウィンの手で救出されるも傷は深く、ガエリオをマクギリスと誤認し、不甲斐ない自分を詫びながら息を引き取った。

アルミリア・ボードウィン

ガエリオの妹でマクギリスの婚約者のアルミリア・ボードウィンは、マクギリスと実兄への想いに揺れ苦悩する。ガエリオの妹でマクギリスの婚約者のアルミリア・ボードウィンは、マクギリスと実兄への想いに揺れ苦悩する。兄の手によってマクギリスが命を落とす結果となった。

アルミリア・ボードウィンは、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場するキャラクター。ギャラルホルンを束ねる七つの名家「セブンスターズ」の内の一つであるボードウィン家出身の令嬢。ガエリオ・ボードウィンの妹。9歳。マクギリス・ファリドとは親同士が決めた許婚の関係にあり、彼を「マッキー」と呼び慕う一方で、自身がまだ子供であることに劣等感を抱いている。マクギリス・ファリドは、視聴者からは「ロリコン」だの「源氏物語」だのと言われる。

革命軍のクーデター後は、自分をあざむいていたマクギリスに不信感を抱くが、やがて妻として夫の罪をともに償うことを決心し、実家へ帰ることを拒否する。実兄のガエリオに夫であるマクギリスを討たれ、夫には騙されていたという事実故から来る精神ダメージは大きい。

ラフタ・フランクランド

店の窓越しから何者かが、店内にいたラフタに向けて拳銃を連射。 血の海の中で息絶えたラフタ(『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』第40話の劇中より)。店の窓越しから何者かが、店内にいたラフタに向けて拳銃を連射。 血の海の中で息絶えたラフタ(『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』第40話の劇中より)。

ラフタ・フランクランドは、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場するキャラクター。あまりにも唐突すぎたラフタの死は、視聴者はもとより出演者一同にとっても大変ショッキングな出来事だった。

店の窓越しに何者かが、店内にいたラフタに向けて拳銃を連射。最初の銃撃で頭を撃ち抜かれたのを確認できるため、間違いなく即死である。店の窓越しに何者かが、店内にいたラフタに向けて拳銃を連射。最初の銃撃で頭を撃ち抜かれたのを確認できるため、間違いなく即死である。

ショッピングの際に目に付いた明弘似のクマのぬいぐるみを手に取っている際、鉄華団を挑発するために放たれたジャスレイの息の掛かった刺客の凶弾によって命を散らしてしまう。

機動新世紀ガンダムX

ルチル・リリアント

ジャミル・ニートは、憧れの上官であったルチルと奇跡の再会を遂げる。サルベージされたルチルの意識はティファの心と身体を借りることでジャミルとの「再会」を果たす。ジャミルは、こんな悲劇は二度と繰り返してはならないと決意を新たにする。ジャミル・ニートは、憧れの上官であったルチルと奇跡の再会を遂げる。サルベージされたルチルの意識はティファの心と身体を借りることでジャミルとの「再会」を果たす。ジャミルは、こんな悲劇は二度と繰り返してはならないと決意を新たにする。

ルチル・リリアントは、「機動新世紀ガンダムX」に登場する優れたニュータイプ。元ニュータイプパイロットのルチル・リリアントは、生体兵器「Lシステム」に組み込まれ、戦後、海底に埋没していた。

大戦の末期に革命軍との戦いの末、精神を破壊し尽くされてしまうが、その高いニュータイプ能力と僅かに残された戦いを憎む心に注目したニュータイプ研究機関の手により、その身体は「Lシステム」という兵器の生体ユニットとして利用されてしまう。

ジャミル・ニートは、憧れの上官であったルチルと奇跡の再会

生体兵器「Lシステム」に組み込まれているルチル・リリアントサルベージされた生体兵器「Lシステム」に組み込まれているルチル・リリアント

「機動新世紀ガンダムX」第18話「Lorelei(ローレライ)の海」にて、戦後15年経ちオルバ・フロストの依頼によりオルクのマーカス・ガイによってGX-bitと共にサルベージされる。封印を解かれ再起動したLシステム内のルチルはティファに接触、ルチルの意識はティファの心と身体を借りることでジャミルとの「再会」を果たす。

ジャミルとの再会時に、ティファの身体をかりてのルチルの名台詞「まるで夢を見てるみたい」。ジャミルに別れを告げ、永遠の眠りについた。死後、肉体は棺に納められ、再び海中に沈められた。

ユリナ・サノハラ(機動新世紀ガンダムX)

フリーデンを離れたロアビィが立ち寄った酒場のピアニスト。実は、民族独立戦線のメンバーで、ロアビィ・ロイがガンダムのパイロットだと知って近付く。

ユリナ・サノハラは、エスタルドでフリーデンを一時退艦していたロアビィが身を寄せていた女性で、酒場のピアニストだった。ロアビィに協力を迫る組織の幹部達に体を張って反対するなど、ロアビィを思いやる女性だったが、新連邦のゲリラ狩り部隊によってアジトを急襲され、裏口から脱出しようとしたところを狙撃され、重傷を負う。ユリナ・サノハラは、エスタルドでフリーデンを一時退艦していたロアビィが身を寄せていた女性で、酒場のピアニストだった。ロアビィに協力を迫る組織の幹部達に体を張って反対するなど、ロアビィを思いやる女性だったが、新連邦のゲリラ狩り部隊によってアジトを急襲され、裏口から脱出しようとしたところを狙撃され、重傷を負う。

だが、自由のための戦いと言いながら、彼を脅迫してまで利用しようとする仲間と対立することとなる。新連邦のゲリラ狩りの中で脱出を図るが銃撃され、ロアビィの腕の中で果てた。彼女との出会いが、ロアビィに戦う意味を気付かせることになった。

関連リンク

ガンダムシリーズに登場するニュータイプ・強化人間と搭乗機の一覧 / ガンダムシリーズの歴史一覧 / ガンダム三大悪女/リアルロボットアニメ一覧

外部リンク

プレミアムバンダイ|こどもから大人まで楽しめるバンダイ公式ショッピング

1 2