アニメ史に残る伝説のトラウマ回・鬱回の中でも特に衝撃的なトラウマ・エピソードや有名な鬱回を紹介する特集の第三弾です。前作同様にトラウマ必至の鬱アニメ・トラウマアニメの代表作(定番人気作品)の衝撃的な鬱展開が満載です。

鬱アニメのトラウマ回・衝撃的な鬱展開

TVアニメ版『笑ゥせぇるすまん』第9話「プラットホームの女」(1989年12月19日) / 整形手術に失敗し、あまりにも無惨なものとなった素顔。恐ろしいトラウマ回として語り継がれている。

『笑ゥせぇるすまん』(わらうセールスマン)は、藤子不二雄Ⓐによる日本のブラックユーモア漫画作品、またはそれを原作とするテレビアニメ、ドラマ作品である。大人向け番組である『ギミア・ぶれいく』内で10分枠のコーナードラマとしてアニメ化された。

TVアニメ版『笑ゥせぇるすまん』第9話「プラットホームの女」(1989年12月19日) / 整形手術に失敗し、あまりにも無惨なものとなった素顔。恐ろしいトラウマ回として語り継がれている。「プラットホームの女」は、「客が恋した女性は一見美人だが、実はその顔は整形手術に失敗し、あまりにも無惨なものとなった素顔を隠すために作られたものだった」というオチは原作・TBS版・『NEW』ともに共通しているが、女性が素顔を表す直前の演出がそれぞれ異なる。また、『NEW』では素顔になった直後は声にエコーがかかる演出となっている。影子は「この顔は整形手術で作ったもの。でも失敗したんです。ごらんなさい」と言っておでこに手を当てると、皮膚に亀裂が入りピキピキと音をたてて剥がれていく。影子は「この顔は整形手術で作ったもの。でも失敗したんです。ごらんなさい」と言っておでこに手を当てると、皮膚に亀裂が入りピキピキと音をたてて剥がれていく。TVアニメ版『笑ゥせぇるすまん』第9話「プラットホームの女」(1989年12月19日) / 整形手術に失敗し、あまりにも無惨なものとなった素顔。恐ろしいトラウマ回として語り継がれている。素顔を表す影野映子「これでも私を愛してくれますか?」

影野映子が自分の眉間を押すと、顔がひび割れて崩れていく。その顔は仮面であった。整形手術に失敗した影野の顔は、怪物と見まごう形に成り果てていたのである。

アパートから聞こえる悲鳴を背に、喪黒は「見方によって女性は全て美人に見えるものです。あの程度の欠点なら彼の深い愛情で十分に補える事でしょう。」と高笑いするのであった。

笑ゥせぇるすまんNEW(2017年)の第4話「プラットホームの女」 女性の素顔が初代よりもグロテスクになっている。

笑ゥせぇるすまんNEW(2017年)の第4話「プラットホームの女」 女性の素顔が初代よりもグロテスクになっている。笑ゥせぇるすまんNEW(2017年)は、前作のストーリーの残虐なオチはソフトなものに変更されている。リブートされた第4話「プラットホームの女」に関しては、女性の素顔が初代よりもグロテスクになっている。

笑ゥせぇるすまんNEW(2017年)は、前作のストーリーの残虐なオチはソフトなものに変更されている。リブートされた第4話「プラットホームの女」に関しては、女性の素顔が初代よりもグロテスクになっている。

笑ゥせぇるすまんNEW(2017年)は、前作のストーリーの残虐なオチはソフトなものに変更されている。リブートされた第4話「プラットホームの女」に関しては、女性の素顔が初代よりもグロテスクになっている。

笑ゥせぇるすまんNEW(2017年)は、前作のストーリーの残虐なオチはソフトなものに変更されている。リブートされた第4話「プラットホームの女」に関しては、女性の素顔が初代よりもグロテスクになっている。顔の皮を剥がれたような醜い顔が、前作以上にリアルでグロテスクになっている。

笑ゥせぇるすまんNEW(2017年)は、前作のストーリーの残虐なオチはソフトなものに変更されている。リブートされた第4話「プラットホームの女」に関しては、女性の素顔が初代よりもグロテスクになっている。

『PSYCHO-PASS サイコパス』11話 / 常守朱の友人の船原ゆきが朱の目の前でドミネーターで裁けない槙島に喉首を切られて殺される。『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ屈指の胸くそ悪い死亡シーン。

船原ゆきは、10話では槙島聖護と泉宮寺豊久が狡噛慎也を試し狩るための餌として就寝中に彼らに拉致され、狡噛と共に60年前に廃線・放棄されていた地下鉄銀座線構内を逃げ回る。11話では救助に駆けつけた朱の目の前で槙島に喉首を切られて殺される。船原ゆきは、10話では槙島聖護と泉宮寺豊久が狡噛慎也を試し狩るための餌として就寝中に彼らに拉致され、狡噛と共に60年前に廃線・放棄されていた地下鉄銀座線構内を逃げ回る。11話では救助に駆けつけた朱の目の前で槙島に喉首を切られて殺される。 『PSYCHO-PASS サイコパス』11話 / 常守朱の友人の船原ゆきが朱の目の前でドミネーターで裁けない槙島に喉首を切られて殺される。『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ屈指の胸くそ悪い死亡シーン。「免罪体質者」のため、ドミネーターの通用しない槙島聖護。槙島聖護は、約200万人に1人の割合で存在すると予測されている「免罪体質者」であり、本来なら犯罪係数が上昇する状態にあっても、規定値を超える犯罪係数が計測がされない。そのためドミネーターによる執行が不可能。 常守朱「ゆき!」 槙島聖護「残念だ…とても残念だ常守監視官!君は僕を失望させた…だから罰を与えなくてはならない!己の無力さを後悔し絶望するがいい…!!」 ドミネーター『犯罪係数・0…執行対象ではありません』常守朱「ゆき!」
槙島聖護「残念だ…とても残念だ常守監視官!君は僕を失望させた…だから罰を与えなくてはならない!己の無力さを後悔し絶望するがいい…!!」
ドミネーター『犯罪係数・0…執行対象ではありません』 船原ゆき「いやあああああああ!!」 常守朱「やめてぇええ」と常守朱が泣き叫ぶ中、槙島聖護は無表情のまま船原ゆきの喉をかききった。船原ゆき「いやあああああああ!!」
常守朱「やめてぇええ」と常守朱が泣き叫ぶ中、槙島聖護は無表情のまま船原ゆきの喉をかききった。船原ゆきの死体から滴る血が、ポタポタと…。 槙島聖護はその場から歩き去り、常守朱は呆然と崩れ落ちる。槙島聖護はその場から歩き去り、常守朱は呆然と崩れ落ちる。 常守朱は呆然と崩れ落ちる。

伝説の名作ホラーアニメ『学校の怪談』第6話『扉を裂く悪魔の手 惨劇の夜』に登場した「ババサレ」 アニメ史に残る恐ろしさ。

『ババサレ』は、テレビアニメ『学校の怪談』の第6話『扉を裂く悪魔の手 惨劇の夜』に登場したお化け。ババサレは同作品中において、お茶の間の子供たちに対して最も恐怖をばら撒いたお化けと言える。『ババサレ』は、テレビアニメ『学校の怪談』の第6話『扉を裂く悪魔の手 惨劇の夜』に登場したお化け。ババサレは同作品中において、お茶の間の子供たちに対して最も恐怖をばら撒いたお化けと言える。 『ババサレ』は、テレビアニメ『学校の怪談』の第6話『扉を裂く悪魔の手 惨劇の夜』に登場したお化け。ババサレは同作品中において、お茶の間の子供たちに対して最も恐怖をばら撒いたお化けと言える。 『ババサレ』は、テレビアニメ『学校の怪談』の第6話『扉を裂く悪魔の手 惨劇の夜』に登場したお化け。ババサレは同作品中において、お茶の間の子供たちに対して最も恐怖をばら撒いたお化けと言える。 『ババサレ』は、テレビアニメ『学校の怪談』の第6話『扉を裂く悪魔の手 惨劇の夜』に登場したお化け。ババサレは同作品中において、お茶の間の子供たちに対して最も恐怖をばら撒いたお化けと言える。

『学校の怪談』第15話「悪魔のおまじない 闇の儀式」に登場した「闇目」(やみめ) アニメ史に残る恐ろしさ。

『学校の怪談』第15話「悪魔のおまじない 闇の儀式」に登場した「闇目」(やみめ) アニメ史に残る恐ろしさ。闇目(やみめ)とは、テレビアニメ「学校の怪談」に登場する魔物。第15話「悪魔のおまじない 闇の儀式」に登場。幽霊やお化けの類ではなく異世界からの魔物。人間に憑依してその人間の全てを奪う。一度憑依された人間は二度と元に戻す事はできない。 闇目(やみめ)とは、テレビアニメ「学校の怪談」に登場する魔物。第15話「悪魔のおまじない 闇の儀式」に登場。幽霊やお化けの類ではなく異世界からの魔物。人間に憑依してその人間の全てを奪う。一度憑依された人間は二度と元に戻す事はできない。口から飛び出した大きな目が、闇目(やみめ)の正体。 闇目(やみめ)とは、テレビアニメ「学校の怪談」に登場する魔物。第15話「悪魔のおまじない 闇の儀式」に登場。幽霊やお化けの類ではなく異世界からの魔物。人間に憑依してその人間の全てを奪う。一度憑依された人間は二度と元に戻す事はできない。

 

第3話「あたし、きれい? 口裂け女」未放送/封印作品

口裂け女が出てくるはずだった第3話は口唇口蓋裂(唇が裂けている先天性異常)の団体から抗議があったため、急遽第1話・第2話の総集編に差し替えられるという事態になった。なお、この第3話はDVDにも収録されない封印作品と化している。

『戦姫絶唱シンフォギアXV』第2話「天空(ソラ)が墜ちる日」 / 「風鳴翼」(かざなりつばさ)だけで無く、視聴者ですら絶望の淵に落とす「ミラアルク」のライブ会場での大虐殺。壮絶のトラウマ回となった。

『戦姫絶唱シンフォギアXV』第2話「天空(ソラ)が墜ちる日」 / 「風鳴翼」(かざなりつばさ)だけで無く、視聴者ですら絶望の淵に落とす「ミラアルク」のライブ会場での大虐殺。壮絶のトラウマ回となった。TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』第2話「天空(ソラ)が墜ちる日」にて、ミラアルクは、本格的に行動を開始。大量のアルカ・ノイズを伴って突如、風鳴翼(かざなりつばさ)とマリアのライブを襲撃し、かつてのツヴァイウィングのライブを彷彿とさせる殺戮劇を繰り広げる。 ミラアルクは、大量のアルカ・ノイズを伴って突如翼とマリアのライブを襲撃する。血まみれの惨劇となる。ミラアルクは、大量のアルカ・ノイズを伴って突如翼とマリアのライブを襲撃する。血まみれの惨劇となる。 ノーブルレッドのメンバーの1人であるミラアルクの襲撃によってアルカノイズによる観客達の大虐殺が展開される。ミラアルクは、大量のアルカ・ノイズで会場ごと破壊し尽くす。スプラッター描写の嵐。アルカノイズが飛び回り観客を虐殺していく。ノーブルレッドのメンバーの1人であるミラアルクの襲撃によってアルカノイズによる観客達の大虐殺が展開される。ミラアルクは、大量のアルカ・ノイズで会場ごと破壊し尽くす。スプラッター描写の嵐。アルカノイズが飛び回り観客を虐殺していく。 ミラアルクは、翼の眼の前でファンの少女を惨殺した。震える幼い少女「あ・・・ぁ・・・。」。ミラアルク「やってくれるぜ、風鳴翼。弱く不完全なうちらでは敵わないぜ。」。ミラアルクは、翼の眼の前でファンの少女を惨殺した。震える幼い少女「あ・・・ぁ・・・。」。ミラアルク「やってくれるぜ、風鳴翼。弱く不完全なうちらでは敵わないぜ。」。 さらに翼の眼の前でファンの少女を惨殺、怒りに吠え猛る翼に対して精神摩耗(マインドフレイア)を仕掛け、去り際にはダメ押しのアルカ・ノイズで会場ごと破壊し尽くすという完膚無きまでの絶望を翼に叩きつけた。

ミラアルクは、翼の眼の前でファンの少女を惨殺した。ミラアルクの右腕で心臓を貫かれるファンの少女。 ミラアルクは、翼の眼の前でファンの少女を惨殺した。ミラアルクは、翼の眼の前でファンの少女を惨殺した。 ミラアルクは、翼の眼の前でファンの少女を惨殺した。顔面に返り血を浴びる翼「ぁ・・・。」。ミラアルクは、翼の眼の前でファンの少女を惨殺した。顔面に返り血を浴びる翼「ぁ・・・。」。 ライブに来ていた幼い少女が、嬉々としたミラアルクによって惨殺されてしまうのを目の当たりにしてしまった結果、かつて奏を失った時のトラウマ以上の心の傷を負ってしまうことになった。ライブに来ていた幼い少女が、嬉々としたミラアルクによって惨殺されてしまうのを目の当たりにしてしまった結果、かつて奏を失った時のトラウマ以上の心の傷を負ってしまうことになった。 ミラアルクは、去り際にはダメ押しのアルカ・ノイズで会場ごと破壊し尽くした。ミラアルクのライブ会場での大虐殺は、アニメ史に残るトラウマシーンとなった。ミラアルクは、去り際にはダメ押しのアルカ・ノイズで会場ごと破壊し尽くした。ミラアルクのライブ会場での大虐殺は、アニメ史に残るトラウマシーンとなった。

『吸血姫美夕』第2話「次の駅で」 / 神戸連続児童殺傷事件の影響で放送中止になった伝説の封印回。被害女性たちが救われない後味が悪い結末。

『吸血姫美夕』(ヴァンパイア ミユ)は、1997年10月6日から1998年3月30日にかけてテレビ東京で放送されたテレビアニメ。全26話。ただし、第二話の放送が急遽中止されたために実際には計25話しか放送されず、その後に未放送の第二話を含んだVHS/LD/DVD『吸血姫美夕 Integral』(ヴァンパイア ミユ インテグラル)が発売された。

『吸血姫美夕』第2話「次の駅で」 / 神戸連続児童殺傷事件の影響で放送中止になった伝説の封印回。被害女性たちが救われない後味が悪い結末。『吸血姫美夕』第二話「次の駅で」は本放送では放送されず、第二話前半に美夕が千里たちと出会うという重要なシーンがあったため、本来第三話となる話の前半に第二話の前半を流用し、辻褄を合わせる編集が行われた。 放送中止となった理由は公表されていないが、シリーズ構成を担当した早見裕司は自身の公式ブログ「うらそえ日記」で、猟奇過ぎるとのクレームがあった(神戸連続児童殺傷事件の影響があった)ため没となったと述べている。 マネキンのように飾られている生き人形にされた女性たちは、皆、すすり泣いていた。地下鉄の駅のホームで働く駅員たちにも聞こえるときがあった。

放送中止となった理由は公表されていないが、シリーズ構成を担当した早見裕司は自身の公式ブログ「うらそえ日記」で、猟奇過ぎるとのクレームがあった(神戸連続児童殺傷事件の影響があった)ため没となったと述べている。

マネキンのように飾られている生き人形にされた女性たちは、皆、すすり泣いていた。地下鉄の駅のホームで働く駅員たちにも聞こえるときがあった。

はぐれ神魔を狩る監視者の少女「美夕」と妖しい青年(神魔)の戦いになる。生き人形の女性の一人の首が、美夕に仕えるラヴァによって、切断される。この斬首の残酷演出が、放送中止となった最大の原因かもしれない。 はぐれ神魔を狩る監視者の少女「美夕」と妖しい青年(神魔)の戦いになる。生き人形の女性の一人の首が、美夕に仕えるラヴァによって、切断される。この斬首の残酷演出が、放送中止となった最大の原因かもしれない。はぐれ神魔を狩る監視者の少女「美夕」と妖しい青年(神魔)の戦いになる。生き人形の女性の一人の首が、美夕に仕えるラヴァによって、切断される。この斬首の残酷演出が、放送中止となった最大の原因かもしれない。

美夕は、神魔を倒したが、生き人形にされた女性たちを救うことはできなかった。女性たちは、そのまま置き去りに・・・。被害女性たちが救われない後味が悪い結末になっている。

地下街の生き人形にされた女性たちは全く救われない。今でも彼女たちのすすり泣きは続いている・・・あまりにも救いのない結末。

ラストシーンは、すすり泣く悲しげな表情をした女性の生首がアップで映し出される。瞳孔が開いた死体のようにも見える。生首のアップというラストシーンは、神戸連続児童殺傷事件の影響下においては、あまりにも猟奇的な演出すぎたため封印されたのだろう。ラストシーンは、すすり泣く悲しげな表情をした女性の生首がアップで映し出される。瞳孔が開いた死体のようにも見える。生首のアップというラストシーンは、神戸連続児童殺傷事件の影響下においては、あまりにも猟奇的な演出すぎたため封印されたのだろう。

アニメ版「琴浦さん」  / 萌え系ゆるふわなラブコメと思いきや、1話目の序盤10分は壮絶にシリアスな展開。OP以降の中盤でどんでん返し。

開始早々、激重の鬱展開・・・。序盤の10分が壮絶にシリアスな展開。人の心が読める琴浦さんの不幸すぎる過去が描かれる。

人の心が読める「琴浦さん」は、小さい頃は、そんな自分の能力の異常さに気づかず、次々と周りの人たちの心を言い当ててしまいます。琴浦さんは、周りの人たちから気味悪がられ、友達は離れていきます。

琴浦さんは母親である久美子から「お前なんか産むんじゃなかった」と忌々しく吐き捨てられ、捨てられたことで心を閉ざした。

学校では化け物扱いされて孤立し、最後の心の拠り所だった子猫も失い、琴浦さんの精神は完全に崩壊。転校などを繰り返してるうちにすっかり心を閉ざしてしまった琴浦さん

琴浦さんは高校生になるまで転校する度に辛い経験を繰り返し、心を閉ざして周囲から距離を置いていた。

しかし、妄想のプロである「真鍋義久」の妄想が、琴浦さんの閉ざされた心に風穴をあけた。視聴者の折られた心も癒された。OP直前、心のイケメン「真鍋 義久」(まなべ よしひさ)との出会いがきっかけに、琴浦さんの世界は明るくなる。ライトなラブコメに大転換する。

琴浦 春香(ことうら はるか)
人の心を読める能力を持っている。その能力は言葉にしたものだけでなく、妄想などのような映像も読み取ることができる。ただし、読み取ることができてもその全てを理解することができるとは限らず、実際に読めるのはあくまで表層心理であり、深層心理までは通常 読めないことが後に判明する。

『ひぐらしのなく頃に』「鬼隠し編」(1話-4話)

第2話 「鬼隠し編 其の弐 隠しごと」

『そして、5年目の綿流しってのは…つまり…』『今日なのよ…』 …ダム工事に関連するバラバラ殺人事件、それは確かな事実だった。 衝撃を受けながらも所詮他人事だと思っていた圭一は、レナたちから「綿流し」という、雛見沢に代々伝わるお祭りの話を聞く。祭りの当日、いつもの部活メンバーと屋台巡りをして楽しむ圭一だったが、そこで今度はお祭りの夜に毎年起こる、ある「出来事」を聞かされ…
豹変した竜宮レナの台詞「嘘だッ!!!」は、「ひぐらしのなく頃に」を代表する名台詞として語り継がれている。豹変した竜宮レナの台詞「嘘だッ!!!」は、「ひぐらしのなく頃に」を代表する名台詞として語り継がれている。

それまで明るい性格を見せていた竜宮レナが突如豹変するこのシーンは強烈なインパクトをプレイヤー・視聴者に与え、ストーリー上それまでのどかな雰囲気を漂わせていた『ひぐらしのなく頃に』という作品のその後の展開を想像させることから、竜宮レナ、ひいては『ひぐらしのなく頃に』自体の代表的台詞のひとつとされる。

実際には、雛見沢症候群を発症して、周囲の人間から殺されると疑心暗鬼に陥った前原圭一の幻覚(鬼隠し編にて)であり、彼女は狂っていたわけでも無いし、豹変もしていなかった。(罪滅し編で明かされる。)疑心暗鬼になり様子がおかしい圭一をレナは心配しているだけでした。圭一と大石との電話をレナが後ろで覗いていた…。圭一と大石との電話をレナが後ろで覗いていた…。

第3話 「鬼隠し編 其の参 疑心」

『明日、学校休んじゃ“イヤ”だよ…?』『しないよね、圭一くんは…?……転校。』 …かつて学校に在籍していた「悟史」という少年。大石の話によれば彼は沙都子の兄であり、そして一年前に失踪したという。毎年起こる連続怪死事件の被害者たちは何故か必ず部活メンバーに関係があり、そして次に狙われるのは圭一かもしれない、と…。その言葉を裏付けるように、その日から周囲の様子が怪しくなっていく…そしてついに圭一の身に危険が!?おはぎを持ってお見舞いに来たレナと魅音。なんと圭一が食べたおはぎの中には裁縫針が入っていた…。圭一は魅音やレナが自分の命を狙っているとさらに疑心暗鬼を加速させる…。部活の宿題と称し、レナと魅音のどちらが作ったおはぎか当てるという宿題を出してきた。2人が帰った後、おはぎを食べてみると、そのおはぎには裁縫針が混入していた…。魅音は、いたずら心で、おはぎの中にタバスコを入れただけだったが、タバスコの刺激を裁縫針と勘違いするほど疑心暗鬼になっている圭一はこれを機に、ますます恐怖と不安に怯えていくことになる。 おはぎの中に針が仕込まれた被害妄想を見てしまう圭一。実際には裁縫針は入っておらず、中身はタバスコだった。レナや魅音に警戒心を持っていた圭一は、タバスコの刺激を針と勘違いしてしまった。おはぎの中に針が仕込まれた被害妄想を見てしまう圭一。実際には裁縫針は入っておらず、中身はタバスコだった。レナや魅音に警戒心を持っていた圭一は、タバスコの刺激を針と勘違いしてしまった。雛見沢症候群が進行して妄想を見ている。

アニメ第2期「ひぐらしのなく頃に解」第20話「目明し編 其の伍 冷たい手」 自害する「古手 梨花」(ふるで りか)。

梨花「お前なんかに拷問で殺されるくらいなら、悪いけどお先に退場させてもらうわ」。古手梨花は、拷問されないために、包丁を壁に立て、自らの首を刺して自害した。第20話「目明し編 其の伍 冷たい手」 / 拷問を避けるために梨花は自害した

『上等じゃん!ぶちまけられてえかぁ!?』 …園崎家を”乗っ取った”詩音は、公由村長を呼び出し、悟史の失踪について問い質す。悟史を「鬼隠し」にしたのはお魎の差し金だという村長の意見に、「真相」を確信する詩音。惨劇のウラ側で、孤独な「鬼」による復讐劇が、いま、幕を開ける…。

古手梨花と園崎詩音の攻防において、古手梨花はスプレーで園崎詩音の隙を作り、C120の注射を打とうとする。しかし、注射を奪われ逆に古手梨花が園崎詩音に注射を打たれる…。

梨花「残念だけどあんたの誘いは断るわ…。この拷問凶…!!」

詩音「ふふ…。確かにそうしたほうが古手家頭首らしくていいよ。でもさ、そのふらふらな体でどうやって抵抗してみせるわけ? 経ってるだけでも限界な癖に!」

梨花「そうね…。どうやらあんたの言うとおり、これがあたしの限界…! でも、お前なんかに拷問で殺されるくらいなら、悪いけどお先に退場させてもらうわ…!

詩音「退場!!? はぁ!? できるもんならしてみなよ!」

包丁で自害してしまう「古手 梨花」(ふるで りか)。園崎詩音は拷問のために場所を写そうとするが、古手梨花は包丁を取る。拷問されないために、包丁を壁に立て、自らの首を刺して自害した。

第21話「目明し編 其の六 断罪」 / 園崎詩音が北条沙都子を拷問して残虐に殺すシーンはとても有名。

『ああなんだ!私自分でも知ってたんじゃないか!こんな私はもうとっくに鬼だったんだって!』 …沙都子と梨花が「鬼隠し」にあった…真相はもちろん鬼の仕業。鬼の隠れ家「地下祭具殿」で繰り広げられる、血の饗宴。必死に抵抗する沙都子は、同時に過去の自分と闘っていた。しかし狂い出した歯車は、もう決して止まることはない。ひとつの世界のからくりが明らかになり、そしてまた新たな謎が…。

詩音が沙都子に拷問。詩音に呼び出された沙都子は地下拷問室で磔にされ、梨花の死体を見せつけられます。綿流し編では分からなかった謎の部分がこの目明し編で解決される。園崎魅音のふりをしていた園崎詩音がこれらの一連の事件を引き起こしていたのだ。

『うみねこのなく頃に』第11話「EpisodeII-VI back rank mate」 / 魔女ベアトリーチェが出現させた『真里亞とリンゴのオーブン焼き』はトラウマ(グロ)シーンとして有名。

「うみねこのなく頃に」は、同人サークル07th Expansionの作品。アニメ版『うみねこのなく頃に』第11話「EpisodeII-VI back rank mate」にて、魔女ベアトリーチェが出現させた『真里亞とリンゴのオーブン焼き』はトラウマ(グロ)シーンとして有名。

「うみねこのなく頃に」は、同人サークル07th Expansionの作品。アニメ版『うみねこのなく頃に』第11話「EpisodeII-VI back rank mate」にて、魔女ベアトリーチェが出現させた『真里亞とリンゴのオーブン焼き』はトラウマ(グロ)シーンとして有名。この右代宮真里亞(うしろみやまりあ)は頭部だけになりながら生命を保って自在に動く事ができるため、ネタとしての呼称は「たこマリア」。この右代宮真里亞(うしろみやまりあ)は頭部だけになりながら生命を保って自在に動く事ができるため、ネタとしての呼称は「たこマリア」。

右代宮真里亞の母親である右代宮楼座(うしろみやろーざ)は魔女『ベアトリーチェ』の前に連れられる。そこで目にしたものは、憎んでいた兄弟の血肉で出来た料理と、娘の生首だった。

「こちらは、食前酒、兄の蔵臼を圧搾機にかけて搾り出した血のゴールデンドロップ」
「そちらは、旬の野菜による二枚舌のサラダ、絵羽の舌で作った念願のサラダ」
「お次は、留弗夫の顔の皮で包んだスズキのパイ」
「デザートは愛娘」
「愛娘とりんごのオーブン焼きなんて最高のデザート♪」

それらを無理やり口に運ばれ、恐慌した楼座はベアトリーチェの存在を認めるのだった…。

ヤンデレの女子高生の話を描いた「危険な贈り物」はラストシーンがあまりに残酷で当時300件以上の苦情が日本テレビには寄せられた。

『週刊ストーリーランド』(しゅうかんストーリーランド)は、1999年10月14日から2001年9月13日まで日本テレビ系にて毎週木曜日に放送されたバラエティ番組。 「危険な贈り物」は、週刊ストーリーランドで2000年1月27日に第13回第3話として放送されたアニメ。 週刊ストーリーランド史上最も残虐な話と言っても過言ではなく、放送当時300件以上の苦情が日テレに殺到したという。

『週刊ストーリーランド』(しゅうかんストーリーランド)は、1999年10月14日から2001年9月13日まで日本テレビ系にて毎週木曜日に放送されたバラエティ番組。

「危険な贈り物」は、週刊ストーリーランドで2000年1月27日に第13回第3話として放送されたアニメ。週刊ストーリーランド史上最も残虐な話と言っても過言ではなく、放送当時300件以上の苦情が日テレに殺到したという。

高校二年生の上杉明のクラスメイトの田中みさき「私が、そのセーター、似合う様にしてあげる。右腕の無いセーターを…」

次の瞬間、みさきは紙袋に手を入れ…取り出したのは斧。

そしてみさきは斧を振り上げる。明は恐怖の余り、動くことができない。

みさきは明の右腕に向けて斧を振り下ろし―――――返り血を浴びるみさき。

「良かった…やっと明君、私の編んだセーター、似合う様になった…明君…お誕生日、おめでとう……」

『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編』第10話「君は希望という名の絶望に微笑む」 超高校級のゲーマー・七海千秋のあまりにも絶望的な結末。

『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編』第10話「君は希望という名の絶望に微笑む」 超高校級のゲーマー・七海千秋のあまりにも絶望的な結末。『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編』第10話「君は希望という名の絶望に微笑む」では、超高校級のゲーマー・七海千秋のあまりにも絶望的な結末が描かれた。人類史上最大最悪の絶望的事件に至るまでの物語。

七海千秋は、「超高校級の『絶望』」江ノ島盾子によるダンガンロンパ恒例のおしおき(公開処刑)の原点・第一号となってしまう。七海千秋(ななみちあき)は、「超高校級の『絶望』」江ノ島盾子(モノクマ)によるダンガンロンパ恒例のおしおき(公開処刑)の原点・第一号となってしまう。みんなのトラウマとして名高い。

七海千秋(ななみちあき)は、散々痛めつけられたあげくに無数の針で全身を貫かれ致命傷を負い、そこに姿を現したカムクライズルに「もう一度日向とゲームがしたかった」という心残りを告げて息を引き取る。無残な死へと追い込まれる彼女の姿はクラスメイトを「絶望」へと突き落とし洗脳させてしまうが、その死を看取ったカムクラに一筋の涙と「希望」を残す。七海千秋(ななみちあき)は、散々痛めつけられたあげくに無数の針で全身を貫かれ致命傷を負い、そこに姿を現したカムクライズルに「もう一度日向とゲームがしたかった」という心残りを告げて息を引き取る。無残な死へと追い込まれる彼女の姿はクラスメイトを「絶望」へと突き落とし洗脳させてしまうが、その死を看取ったカムクラに一筋の涙と「希望」を残す。 無残な死へと追い込まれる七海千秋(ななみちあき)の姿はクラスメイトを「絶望」へと突き落とし洗脳させてしまう。 無残な死へと追い込まれる七海千秋(ななみちあき)の姿はクラスメイトを「絶望」へと突き落とし洗脳させてしまう。無残な死へと追い込まれる七海千秋(ななみちあき)の姿はクラスメイトを「絶望」へと突き落とし洗脳させてしまう。無残な死へと追い込まれる七海千秋(ななみちあき)の姿はクラスメイトを「絶望」へと突き落とし洗脳させてしまう。「超高校級の『ゲーマー』」七海千秋が"おしおき"と称される公開処刑によって瀕死の重傷を負い、「絶望ビデオ」と共にその悲惨な結末を見せつけられた77期生残り14名も、雪染ちさ同様に洗脳技術により絶望的思想へと染め上げられ、事態は最悪の展開へと進んでしまう。「超高校級の『ゲーマー』」七海千秋が”おしおき”と称される公開処刑によって瀕死の重傷を負い、「絶望ビデオ」と共にその悲惨な結末を見せつけられた77期生残り14名も、雪染ちさ同様に洗脳技術により絶望的思想へと染め上げられ、事態は最悪の展開へと進んでしまう。

『魔法少女まどか☆マギカ』第12話「わたしの、最高の友達」(最終話) / 鹿目 まどかは、魔法少女達を救済する「神」に等しき概念的な存在(円環の理)になってしまう。

『魔法少女まどか☆マギカ』第12話「わたしの、最高の友達」(最終話)

Homura vs Walpurgis Night (Bluray)

ワルプルギスの夜に暁美ほむらは孤軍奮闘するも窮地に陥る。 時間を戻しても鹿目まどかを救うどころか、自分がまどかを苦しめる要因になるかもしれない。一人ワルプルギスの夜に挑み、深手を負ったほむら。何度挑戦しても勝てないくやしさ、自分の行為がかえってまどかを苦しめることになっていたことへの絶望で、自らのソウルジェムを黒く染め上げていく。

ワルプルギスの夜に暁美ほむらは孤軍奮闘するも窮地に陥る。時間を戻しても鹿目まどかを救うどころか、自分がまどかを苦しめる要因になるかもしれない。

絶望に覆われ、ソウルジェムが濁りかけた時、まどかは駆け付けた。 迷い続けていたまどかは、ほむらを助けるため、ついに魔法少女になることを決意。絶望に覆われ、ソウルジェムが濁りかけた時、まどかは駆け付けた。
迷い続けていたまどかは、ほむらを助けるため、ついに魔法少女になることを決意。
キュウべえに自らの願いを告げた。

まどか「ほむらちゃんゴメンね。私・・・・魔法少女になる」

鹿目まどか「私、やっとわかったの。叶えたい願い事を見つけたの。だからそのために、この命を使うね」
暁美ほむら「やめて…それじゃ、それじゃあ私は…何のために…」
鹿目まどか「ごめん、ほんとにごめん…これまでずっと、ずっとずっとほむらちゃんに守られて、望まれてきたから今の私があるんだと思う。ほんとにごめん」
鹿目まどか「そんな私が、やっと見つけ出した答えなの。信じて。絶対、今日までのほむらちゃんを無駄にしたりしないから」

鹿目まどかの願い「全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で」

鹿目まどか「私の願いは、全ての魔女を消し去ること。本当にそれが叶ったんだとしたら、私だって…もう絶望する必要なんて……ない!」

キュゥべえ「まどか…これで君の人生は、始まりも終わりも無くなった。この世界に生きた証も、その記憶も、もう何処にも残されていない。もう誰も君を認識出来ないし、君もまた、誰にも干渉出来ない。君はこの宇宙の一員ではなくなった」

神格化した鹿目まどか「あなた(暁美ほむら)は《わたしの、最高の友達》だったんだね・・・」神格化した鹿目まどか「あなた(暁美ほむら)は《わたしの、最高の友達》だったんだね・・・」

概念となった鹿目まどかの存在は誰の記憶からも消えていた。

暁美ほむら「だからって、あなたはこのまま、帰る場所も無くなって、大好きな人たちとも離れ離れになって、こんな場所に、1人ぼっちで永遠にとり残されるっていうの!?」
鹿目まどか「1人じゃないよ。みんな、みんないつまでも私と一緒だよ。これからの私はね、いつでもどこにでもいるの。だから見えなくても聞こえなくても、私はほむらちゃんのそばにいるよ。」
暁美ほむら「まどかは、それでもいいの?私はあなたを忘れちゃうのに…?」
暁美ほむら「まどかのこと、もう二度と感じ取ることさえ出来なくなっちゃうのに…?」
鹿目まどか「ううん、諦めるのはまだ早いよ。ほむらちゃんはこんな場所まで着いてきてくれたんだもん。だから、元の世界に戻っても…もしかしたら私のこと、忘れずにいてくれるかも」
鹿目まどか「大丈夫。きっと大丈夫。信じようよ。だって魔法少女はさ、夢と希望を叶えるんだから」

それを見届け、泣き崩れるほむらに、まどかは感謝の言葉を告げ、身に付けていた赤いリボンを託した。

鹿目まどか「ごめんね…私、みんなを迎えにいかないと。いつかまた、もう一度ほむらちゃんとも会えるから」 鹿目まどか「それまでは、ほんのちょっとだけ、お別れだね」鹿目まどか「きっとほんの少しなら、本当の奇跡があるかも知れない…そうでしょ…?」

鹿目まどか「ごめんね…私、みんなを迎えにいかないと。いつかまた、もう一度ほむらちゃんとも会えるから」
鹿目まどか「それまでは、ほんのちょっとだけ、お別れだね」

『魔法のプリンセス ミンキーモモ』第46話「夢のフェナリナーサ」 / 主人公のミンキーモモが交通事故で死んでしまうという衝撃的な展開。

ミンキーモモは、葦プロダクション製作の魔法少女アニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(1982年)の主人公。空にある夢の国「フェナリナーサ」のプリンセス。 『魔法のプリンセス ミンキーモモ』は、夢の国からきた少女ミンキーモモが、魔法の力で大人に変身し、人々の夢を守るために活躍するというストーリー。 ミンキーモモは、魔法で他人の夢をかなえることはできないことを知り、その後魔法の力を失い、ついには交通事故に遭い命を落としてしまう(第46話「夢のフェナリナーサ」)。あまりにも衝撃の結末を迎え物議をかもした。

ミンキーモモは、葦プロダクション製作の魔法少女アニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(1982年)の主人公。空にある夢の国「フェナリナーサ」のプリンセス。

『魔法のプリンセス ミンキーモモ』は、夢の国からきた少女ミンキーモモが、魔法の力で大人に変身し、人々の夢を守るために活躍するというストーリー。

ミンキーモモは、魔法で他人の夢をかなえることはできないことを知り、その後魔法の力を失い、ついには交通事故に遭い命を落としてしまう(第46話「夢のフェナリナーサ」)。あまりにも衝撃の結末を迎え物議をかもした。

ミンキーモモが公園の噴水で休んでいると、野球ボールが飛んで行きました。モモがそれを拾いに道路へ出たとき、トラックが猛スピードでやって来ました。その前には立ちつくすモモの姿が…。ミンキーモモが公園の噴水で休んでいると、野球ボールが飛んで行きました。モモがそれを拾いに道路へ出たとき、トラックが猛スピードでやって来ました。その前には立ちつくすモモの姿が…。 悲しむ王様と王妃様が夜空を眺めていると、星々がモモの姿を映し出しました。もうフェナリナーサに戻っておいでと言う王様に、モモは「もし戻れるなら、私は私の夢を見たい」と望みます。 モモは人間に生まれ変わり、地球でのパパとママの本当の子供となる。悲しむ王様と王妃様が夜空を眺めていると、星々がモモの姿を映し出しました。もうフェナリナーサに戻っておいでと言う王様に、モモは「もし戻れるなら、私は私の夢を見たい」と望みます。
モモは人間に生まれ変わり、地球でのパパとママの本当の子供となる。 そして、ミンキーモモは人間に生まれ変わり、地球でのパパとママの本当の子供となる。モモが大人になり自分の夢を叶えた時、最後のハッピーティアが出現し夢の国が降りてくるだろうと語られ、『ミンキーモモ』の物語はここで一旦、幕となる。

そして、ミンキーモモは人間に生まれ変わり、地球でのパパとママの本当の子供となる。モモが大人になり自分の夢を叶えた時、最後のハッピーティアが出現し夢の国が降りてくるだろうと語られ、『ミンキーモモ』の物語はここで一旦、幕となる。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』第22話「血染めのユフィ」 / ユーフェミア・リ・ブリタニアは、ルルーシュのギアスの暴走による「日本人を殺せ」という命令に操られてしまう。

ユーフェミア・リ・ブリタニアは、ルルーシュと自身の真意を伝えることで分かり合うが、彼のギアスの暴走による「日本人を殺せ」という命令に操られ、式典に集まった日本人の虐殺を命令し自らも虐殺を行う(『コードギアス 反逆のルルーシュ』第22話「血染めのユフィ」より)。ユーフェミア・リ・ブリタニアは、ルルーシュと自身の真意を伝えることで分かり合うが、彼のギアスの暴走による「日本人を殺せ」という命令に操られ、式典に集まった日本人の虐殺を命令し自らも虐殺を行う(『コードギアス 反逆のルルーシュ』第22話「血染めのユフィ」より)。ルルーシュのギアスの暴走による「日本人を殺せ」という命令ルルーシュのギアスの暴走による「日本人を殺せ」という命令

『コードギアス 反逆のルルーシュ』第23話「せめて哀しみとともに」 ユーフェミア・リ・ブリタニアは、自責の念を持つルルーシュに撃たれる。

その後自責の念を持つルルーシュに撃たれ、スザクに救出された後正気を取り戻すも既に手遅れで、特区は成功したと信じながら息を引き取った(『コードギアス 反逆のルルーシュ』第23話「せめて哀しみとともに」より)。

ルルーシュ「さよならユフィ…多分初恋だった…」

ユーフェミア・リ・ブリタニアは、自責の念を持つルルーシュに撃たれる。

15周年 コードギアス 反逆のルルーシュ

2021年10月2日より毎日放送・TBSほか『アニメイズム』B2枠にて、『15周年 コードギアス 反逆のルルーシュ』としてテレビシリーズ第1期を再放送。OPとEDはシリーズ15周年を記念した特別版として楽曲を完全刷新(映像は既存の本編部分をベースに改訂)。初回放送時に別枠で一挙放送された第24話と第25話については、分割して放送される。

がっこうぐらし!

『がっこうぐらし!』(SCHOOL-LIVE!)は、海法紀光(ニトロプラス)(原作)、千葉サドル(作画)による日本の漫画作品。

テレビアニメの放送開始前はホラー要素が隠蔽されていたため、第1話放送開始後にはインターネットを中心にさまざまな反響が起こった。

「ゾンビ的な存在が突如出現、殺害された人間はことごとく同族と化し急速に増殖した結果、社会はほとんど崩壊状態に陥る。わずかに生き残った女子学生たちは学校に立て籠もって寝泊まりし、日々を過ごす」という、ホラー系・サバイバルものによくある設定を用いつつ、キャラクターたちは可愛いらしく、ストーリーは「日常系」ほのぼの漫画の様なテイストで描かれている(特に序盤はその傾向が強い)のが特徴である。

そこにあるのは地獄だった。血みどろのチョーカーに話しかける丈槍 由紀(たけや ゆき) / ゆき。そこにあるのは地獄だった。血みどろのチョーカーに話しかける丈槍 由紀(たけや ゆき) / ゆき。 3話のゾンビ化した先輩を刺し殺す恵飛須沢 胡桃(えびすざわ くるみ) / くるみ3話のゾンビ化した先輩を刺し殺す恵飛須沢 胡桃(えびすざわ くるみ) / くるみ かつて想いを寄せていた先輩がいたが、ゾンビ化した彼に襲われたため、近くにあった園芸用のシャベルで殺してしまった過去を持つ。かつて想いを寄せていた先輩がいたが、ゾンビ化した彼に襲われたため、近くにあった園芸用のシャベルで殺してしまった過去を持つ。 慌ててバリケードを作るも、憧れの先輩がゾンビに…執拗にくるみは先輩だったものを園芸用のシャベルで刺す。慌ててバリケードを作るも、憧れの先輩がゾンビに…執拗にくるみは先輩だったものを園芸用のシャベルで刺す。慌ててバリケードを作るも、憧れの先輩がゾンビに…執拗にくるみは先輩だったものを園芸用のシャベルで刺す。 それをしがみついて止めるゆき。それをしがみついて止めるゆき。 それをしがみついて止めるゆき。

ゾンビめぐねえゾンビめぐねえ…佐倉慈(愛称「めぐねえ」)は、第1話の時点ですでに故人で、ゆきの妄想の中にのみ存在している。

佐倉 慈(さくら めぐみ) / めぐねえは、巡ヶ丘学院高校の現代国文の女性教師。優しく生徒を思いやる若い教師で、「めぐねえ」という愛称で生徒から姉のように慕われているが、本人はそう呼ばれるたびに「佐倉先生」と訂正を求める。学園生活部の顧問で、かつて由紀、胡桃、悠里と共に学校の屋上に避難して生き残り、3人の避難生活を導こうとしていた。物語開始時点ですでにゾンビに襲われて故人となっているが、由紀の空想の中では生者として振る舞い、由紀にさまざまな助言を行う。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第3話「影男」 大曾根さち子は、ワタヌキに殺害され壁に塗り込まれた。

大曾根さち子は、かつて大病を患った時に、変装の達人・稀代の怪盗である「影男」の尽力で手術・完治することができた少女。その後、行き倒れていた影男を助け、御礼を述べた。影男に扮した連続少女監禁誘拐魔の「ワタヌキ」に誘拐され、ワタヌキの娘になることを拒んだため殺害された。大曾根さち子は、かつて大病を患った時に、変装の達人・稀代の怪盗である「影男」の尽力で手術・完治することができた少女。その後、行き倒れていた影男を助け、御礼を述べた。影男に扮した連続少女監禁誘拐魔の「ワタヌキ」に誘拐され、ワタヌキの娘になることを拒んだため殺害された。 誘拐されて行方不明になっていた少女達は既にワタヌキによって命を奪われて壁に塗り固められていた(第3話「影男」)。誘拐されて行方不明になっていた少女達は既にワタヌキによって命を奪われて壁に塗り固められていた(第3話「影男」)。 大曾根さち子は、すでにワタヌキに殺害され壁に塗り込まれていた(第3話「影男」)。ワタヌキは、連続少女監禁誘拐魔。前科があるが、精神鑑定で無罪になっている。誘拐した少女たちに家族愛を強要し、それを拒否した少女は殺害してセメントに混ぜ込み、生前の姿を象った壁に加工していた。 大曾根さち子は、すでにワタヌキに殺害され壁に塗り込まれていた(第3話「影男」)。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第5話「芋虫」 妹が殺されたカガミ警視が、闇堕ちして哀しき復讐鬼の「怪人二十面相」に…。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第5話「芋虫」 妹が殺されたカガミ警視が、闇堕ちして哀しき復讐鬼の「怪人二十面相」に…。

スナガは、精神科へ入院していたことがあり、心神喪失や心の病気で法を逃れる凶悪な殺人犯(第5話「芋虫」)。スナガは、精神科へ入院していたことがあり、心神喪失や心の病気で法を逃れる凶悪な殺人犯(第5話「芋虫」)。

『それでね須永から警察に脅迫メールが届いたんす。「俺を捕まえた復讐に加賀美敬介の家族を殺す」と』 カガミ警視の妹のトキコは、両目を潰され四肢をもがれ、あの銀賞を取ったドレスを着て吊り下げられた状態で発見された。

カガミ警視の妹のトキコは、両目を潰され四肢をもがれ、あの銀賞を取ったドレスを着て吊り下げられた状態で発見された。

カガミ警視の妹のトキコは、両目を潰され四肢をもがれ、あの銀賞を取ったドレスを着て吊り下げられた状態で発見された。 妹がスナガに殺され発狂するカガミ「無駄だったのだ…無意味だったのだ!法で人を守ることなどできない…!」。そしてカガミは、怪人二十面相になった。妹がスナガに殺され発狂するカガミ「無駄だったのだ…無意味だったのだ!法で人を守ることなどできない…!」。そしてカガミは、怪人二十面相になった。

妹の時子が殺されたカガミ警視が、闇堕ちして哀しき復讐鬼の「怪人二十面相」に…。妹の時子が殺されたカガミ警視が、闇堕ちして哀しき復讐鬼の「怪人二十面相」に…。スナガは、薬品漬けにして「芋虫」状態にされ、じっくり殺されている(第5話「芋虫」)。

スナガは、薬品漬けにして「芋虫」状態にされ、じっくり殺されている(第5話「芋虫」)。

カガミの妹を殺したスナガの遺体だけは見つかっていない。

ナカムラ「君が殺した人間の中に須永はいなかった。殺さなかったのか?」
カガミ「はい。簡単に殺すわけがない。四肢を溶かし両目をつぶし薬品漬けにしてわが家でじっくり殺してます。妹の最期と同じ姿で」

カガミ警視(怪人二十面相)の狂気の原因となったスナガは、カガミに拉致され、自宅で妹のトキコと同じように四肢を溶かし両目をつぶし、薬品漬けにして「芋虫」状態にされ、じっくり殺されていた。

「BACCANO!」第9話「クレア・スタンフィールドは忠実に職務を遂行する」 伝説の殺し屋のクレア・スタンフィールドのトラウマ必至の殺害方法。

『バッカーノ!』(BACCANO!)は、成田良悟による日本のライトノベル。テレビアニメ「BACCANO! -バッカーノ!-」のタイトルで2007年7月26日から11月1日まで、WOWOWノンスクランブル枠で放送された。バッカーノ!が、グロアニメとして分類されているのは、伝説の殺し屋「クレア・スタンフィールド」(返り血で自身が血塗れになるほどの過激な殺害方法が特徴)と『白服集団』のリーダーの「ラッド・ルッソ」(快楽殺人者・殺人狂)の残虐性によるところが大きい。彼らによる人体破壊描写、残虐なグロ描写が多い。

「BACCANO!」に登場する伝説の殺し屋のクレア・スタンフィールドに殺された壮絶な偽車掌(白服集団)の遺体。まるで大根をおろすかのように、走行している列車から顔面を地面(線路)に押し付けられて削り取られている。「BACCANO!」に登場する伝説の殺し屋のクレア・スタンフィールドに殺された壮絶な偽車掌(白服集団)の遺体。まるで大根をおろすかのように、走行している列車から顔面を地面(線路)に押し付けられて削り取られている。

作中最強の殺し屋であるクレア・スタンフィールドによって、線路に顔面を押し付けられて削り取られた遺体はトラウマ級の残酷描写。

凄腕の殺し屋のクレア・スタンフィールド「お前は銃を向けたぐらいじゃ真実を話さないタイプと見た。だから少し拷問させてもらう」

若い車掌「クレア・スタンフィールド」は、猛スピードで走る列車から線路に顔面を押し付けたことで、顔面が削り取られた死体を車掌室に放り投げて、大量に浴びた返り血を顔に塗りながらこう呟く。

「レムレースだ、ルッソファミリーだ、笑わせるな。俺は、お前らにとっての怪物だ。お前ら全て食らい尽くす怪物だ。今から俺はこの列車にとっての、お前らにとっての『レイルトレーサー』だ」

走行中の列車から線路に押し付けて顔面が削り取られた死体。殺人狂のラッド・ルッソは、血の海になっている殺された仲間たちの遺体の酷さに興奮している。走行中の列車から線路に押し付けて顔面が削り取られた死体。殺人狂のラッド・ルッソは、血の海になっている殺された仲間たちの遺体の酷さに興奮している。

整形サイコホラー『整形水』

韓国のオムニバスコミック「奇々怪々」の中の一作で、誹謗中傷や外見至上主義といった現代社会の闇を描いたサイコホラーをアニメ化。子供のころから外見にコンプレックスを抱いていた主人公が、美しくなることへの欲望に駆られ、容姿を思い通りに変えることができるという“整形水”を使う。原作はオ・ソンデ、監督をチョ・ギョンフンが務める。

2021年9月23日(木・祝)より「整形水」が劇場公開される。

映画『整形水』衝撃アフタービフォー映像

「笑ゥせぇるすまん」や「週刊ストーリーランド」の一編のように、便利な道具やサービスを使って調子に乗ってしっぺ返しを受ける「因果応報」的な物語でもある。

懐かしの鬱アニメ・衝撃的な鬱展開(70年代から80年代)

『タイガーマスク』第105話「去りゆく虎」(最終回) / アニメ史に残る恐るべきラスボス「タイガー・ザ・グレート」(「虎の穴」のボス)の壮絶な最期

アニメ版『タイガーマスク』第105話「去りゆく虎」(最終話)は、「虎の穴」のボスが自らマスクを被り、最強最後の悪役レスラー「タイガー・ザ・グレート」として、タイガーマスクの前に現れ、直接対決の試合に挑む。アニメ版『タイガーマスク』第105話「去りゆく虎」(最終話)は、「虎の穴」のボスが自らマスクを被り、最強最後の悪役レスラー「タイガー・ザ・グレート」として、タイガーマスクの前に現れ、直接対決の試合に挑む。 タイガー・ザ・グレートは、タイガーマスクとの最終決戦でも凄まじい反則攻撃で荒れ狂い、タイガーマスクを死の寸前まで追い込んだ。しかし覆面が破れ、正体を明かされてしまい怒りに燃えた伊達直人の壮絶な反則攻撃に逆に打ちのめされる。最後は照明に逆さ吊りにされ、重みに耐えかねて落下した照明の下敷きとなり死亡。「虎の穴」は崩壊した。タイガー・ザ・グレートは、タイガーマスクとの最終決戦でも凄まじい反則攻撃で荒れ狂い、タイガーマスクを死の寸前まで追い込んだ。しかし覆面が破れ、正体を明かされてしまい怒りに燃えた伊達直人の壮絶な反則攻撃に逆に打ちのめされる。最後は照明に逆さ吊りにされ、重みに耐えかねて落下した照明の下敷きとなり死亡。「虎の穴」は崩壊した。 タイガー・ザ・グレートは、アニメ作品『タイガーマスク』に登場する悪役レスラー養成機関「虎の穴」のボスの正体であり、怪力・技・反則の3つを兼ね備えた「虎の穴」最強最後のレスラー。胸にはドクロとナイフの刻印が施された、不気味な白虎のコスチュームを着ている。 タイガー・ザ・グレートは裏切り者であるタイガーを抹殺しようと殺意剥き出しで凶悪な反則技を連発する。場外の実況用モニターの配線を引きちぎり、それを使ってタイガー首を絞める。 現代では地上派放送できないレベルに危険な残虐シーンが続き、タイガーマスクだけでなくリングも血まみれになる。

タイガー・ザ・グレートはタイガーマスクの顔面へ凶器攻撃する。非常に有名なトラウマシーン。

タイガー・ザ・グレートは、アニメ作品『タイガーマスク』に登場する悪役レスラー養成機関「虎の穴」のボスの正体であり、怪力・技・反則の3つを兼ね備えた「虎の穴」最強最後のレスラー。胸にはドクロとナイフの刻印が施された、不気味な白虎のコスチュームを着ている。

タイガー・ザ・グレートは裏切り者であるタイガーを抹殺しようと殺意剥き出しで凶悪な反則技を連発する。場外の実況用モニターの配線を引きちぎり、それを使ってタイガー首を絞める。

現代では地上派放送できないレベルに危険な残虐シーンが続き、タイガーマスクだけでなくリングも血まみれになる。

タイガー・ザ・グレートはタイガーマスクの顔面へ凶器攻撃する。非常に有名なトラウマシーン。 タイガーマスクは、タイガー・ザ・グレートの顔面への凶器攻撃を間一髪で避けるが、その時にマスクが完全に脱げてしまい、正体が伊達直人であることが白日の下に晒されてしまう。伊達直人の素顔がさらされるまでの一連の壮絶な流れは非常に有名なトラウマシーン。

タイガーマスクは、タイガー・ザ・グレートの顔面への凶器攻撃を間一髪で避けるが、その時にマスクが完全に脱げてしまい、正体が伊達直人であることが白日の下に晒されてしまう。伊達直人の素顔がさらされるまでの一連の壮絶な流れは非常に有名なトラウマシーン。

素顔をさらされた伊達直人は、涙を流しながら高々と笑う・・・怒涛の反則攻撃でタイガー・ザ・グレートを殺す。素顔をさらされた伊達直人は、涙を流しながら高々と笑う・・・怒涛の反則攻撃でタイガー・ザ・グレートを殺す。 素顔をさらされた伊達直人は、涙を流しながら高々と笑い、グレートに対し「虎の穴からもらったものをたたき返してやる。それで俺は伊達直人に返るのだ」と宣言し、グレートを上回る容赦ない反則攻撃を繰り出し、ついにはジャイアント馬場、アントニオ猪木の制止すら無視して止めを刺してしまう。素顔をさらされた伊達直人は、涙を流しながら高々と笑い、グレートに対し「虎の穴からもらったものをたたき返してやる。それで俺は伊達直人に返るのだ」と宣言し、グレートを上回る容赦ない反則攻撃を繰り出し、ついにはジャイアント馬場、アントニオ猪木の制止すら無視して止めを刺してしまう。

タイガー・ザ・グレートは照明に逆さ吊りにされ、重みに耐えかねて落下した照明の下敷きとなり死亡した。壮絶な最期。

「虎の穴」のボスである「タイガー・ザ・グレート」は、最後の絶命の瞬間までタイガーを殺すことに執念を燃やしていた。アニメ史に残る恐るべきラスボスであった。

『無敵超人ザンボット3』第17話「星が輝く時」 / 「人間爆弾」はみんなのトラウマ。爆弾を解除する方法はなく、人を巻き込まないように爆死する努力をするしかないと言う救いようの無い結末。

『無敵超人ザンボット3』は、日本サンライズ制作の日本のロボットアニメ。テレビアニメとして1977年から名古屋テレビほかで放送された。物語の終盤にみられる、主要キャラクターが次々と死亡する展開は、富野の異名「皆殺しの富野」の原点の一つとして語られ、そのスタイルを印象づけた。特に「人間爆弾」はみんなのトラウマとして名高い。 「ガイゾック」は地球人を生け捕りにして時限爆弾を埋め込み、記憶を消し解放してから街中で無差別に爆破するという作戦を行う。 人間爆弾にされたものは背中に黒い星のアザが浮び、爆弾を解除しようにも解除は不可能であった。

『無敵超人ザンボット3』は、日本サンライズ制作の日本のロボットアニメ。テレビアニメとして1977年から名古屋テレビほかで放送された。物語の終盤にみられる、主要キャラクターが次々と死亡する展開は、富野の異名「皆殺しの富野」の原点の一つとして語られ、そのスタイルを印象づけた。特に「人間爆弾」はみんなのトラウマとして名高い。

「ガイゾック」は地球人を生け捕りにして時限爆弾を埋め込み、記憶を消し解放してから街中で無差別に爆破するという作戦を行う。

人間爆弾にされたものは背中に黒い星のアザが浮び、爆弾を解除しようにも解除は不可能であった。

浜本の背中に星形のアザがあることに気付く。本人にもいつできたのか、わからない。 勝平は、もしや人間爆弾の印なのでは?と、ひとり疑念を抱くも確証はないので、その場は黙っていた。 ガイゾック兵士の会話が聞こえてくる。 「バカめ!人間爆弾まで収容することはないのだ!」 「い、いや、しかし、いちいち背中の手術のあとを確認するわけにはいかないので!」 浜本「手術のあとだって?!じゃあ、あの星のアザは…」 香月「に、人間爆弾の印だったのか・・・!」

浜本の背中に星形のアザがあることに気付く。本人にもいつできたのか、わからない。
勝平は、もしや人間爆弾の印なのでは?と、ひとり疑念を抱くも確証はないので、その場は黙っていた。

ガイゾック兵士の会話が聞こえてくる。
「バカめ!人間爆弾まで収容することはないのだ!」
「い、いや、しかし、いちいち背中の手術のあとを確認するわけにはいかないので!」

浜本「手術のあとだって?!じゃあ、あの星のアザは…」 香月「に、人間爆弾の印だったのか・・・!」

浜本「こうしてる間に爆発するといけない。…人のいないところへ行くよ。」人間爆弾にされてしまった人たちは、人を巻き込まないように爆死するしかなかった。浜本「こうしてる間に爆発するといけない。…人のいないところへ行くよ。」人間爆弾にされてしまった人たちは、人を巻き込まないように爆死するしかなかった。 浜本「お、おれ・・・、嫌だ・・・。」 浜本「母ちゃんも父ちゃんもいないところで死ぬなんて…、ひ、ひとりで死ぬなんて!!」 浜本「い、いやだぁー!!いやだああああ!!!」 近くにいた人々が浜本を制止する。彼らもまた人間爆弾になってしまった者達である。

浜本「お、おれ・・・、嫌だ・・・。」
浜本「母ちゃんも父ちゃんもいないところで死ぬなんて…、ひ、ひとりで死ぬなんて!!」
浜本「い、いやだぁー!!いやだああああ!!!」

近くにいた人々が浜本を制止する。彼らもまた人間爆弾になってしまった者達である。

浜本は泣き叫ぶ。 「怖い!怖いんだ!父ちゃーん!母ちゃーん!!母ちゃん、怖いよー!」 「助けて!助けてよぉ!何でも言うこと聞くからよぉ!」 「母ちゃーん!!父ちゃーん!!!」浜本は泣き叫ぶ。
「怖い!怖いんだ!父ちゃーん!母ちゃーん!!母ちゃん、怖いよー!」
「助けて!助けてよぉ!何でも言うこと聞くからよぉ!」
「母ちゃーん!!父ちゃーん!!!」 浜本の人間爆弾が爆発。まわりの人々にも誘爆し、大爆発を起こした。浜本の人間爆弾が爆発。まわりの人々にも誘爆し、大爆発を起こした。 友の死を目の当たりにする勝平。そして人間爆弾は、その他の人間爆弾になった人々も巻き添えにして、全員死亡する。 本人はおろか周りの人間も巻き添えに殺すという人間爆弾は、ロボットアニメ史上に残る凄惨な作戦である。友の死を目の当たりにする勝平。そして人間爆弾は、その他の人間爆弾になった人々も巻き添えにして、全員死亡する。
本人はおろか周りの人間も巻き添えに殺すという人間爆弾は、ロボットアニメ史上に残る凄惨な作戦である。 勝平は泣き崩れ、浜本らに詫びるのだった。 「ごめんよ。ごめんよぉ~!!!!」勝平は泣き崩れ、浜本らに詫びるのだった。
「ごめんよ。ごめんよぉ~!!!!」

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』 / 果てしなく続く砂漠を歩くルパン達(現在テレビ未放送)/ビン詰めの赤ん坊(現在テレビ未放送)/燃えるマモー/マモーの真実と、その最期

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』は、1978年12月16日に公開されたモンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』の劇場映画第1作。首吊りの刑に処される男。検死報告ではルパンで間違いないとされたが…。首吊りの刑に処される男。検死報告ではルパンで間違いないとされたが…。

ある日、一人の男が処刑された。その男が「ルパン三世」であることは、鑑識の結果、事実だった。だが、その事実を信じようとしない男がいた。 砂漠を歩くルパン、次元、五右ェ門砂漠を歩くルパン、次元、五右ェ門 序盤のシャワーシーンや、ルパンの脳内イメージ、終盤でのキスシーン中に乳首を押されたりと非常にエロいシーンが多い。序盤のシャワーシーンや、ルパンの脳内イメージ、終盤でのキスシーン中に乳首を押されたりと非常にエロいシーンが多い。鞭で打たれる不二子鞭打ちされる峰不二子 鞭で打たれる不二子 鞭で打たれる不二子 マモーの1体目は次元の銃弾を額に撃ち込まれ、2体目は斬鉄剣の破片で反射されたレーザーの直撃で焼死する。マモーの1体目は次元の銃弾を額に撃ち込まれ、2体目は斬鉄剣の破片で反射されたレーザーの直撃で焼死する。 マモーの焼死シーンマモー2体目の焼死シーンは当時の視聴者にトラウマを植え付けた。マモー2体目の焼死シーンは当時の視聴者にトラウマを植え付けた。 マモーの焼死シーン マモーの焼死シーン 試験管の中のマモー(クローン)試験管の中のマモー(クローン)

本作はクローン技術をテーマにしたSF作品であり、細胞分裂の限界などクローンに関する知見を盛り込む一方で、実際のクローン技術では達成不可能な「複製人間」を登場させている。試験管の中のマモー(クローン)マモーの島でダヴィンチ、ナポレオン、毛沢東、ヒトラーなどの歴史に大きな影響を与えた人物らしき人々に出会う。彼らはマモーのクローン技術によって複製された人々だった。マモー自身も1万年前から自己を複製し続けてきた複製人間(クローン)、永遠の命を得た「神」だと自称するが、ルパンは信じない。
自らのクローンを失ったマモーはロケットで宇宙に逃げようとするが、ルパンに阻まれ、遂に最期となる。

巨大な脳が現れる
マモー「私がオリジナルだ」

ルパン「マモー感謝しな。やっと死ねたんだ。」

本体は130代目にあたる巨大な脳。自らのクローンを失ったマモーはロケットで宇宙に逃げようとするが、ルパンに阻まれ、遂に最期となる。本体は130代目にあたる巨大な脳。

機動戦士ガンダムのトラウマ

ミハル・ラトキエの最期

ミハルは被弾による電気系統の故障で格納庫から直接ミサイルを操作し、ズゴック撃破に貢献するが発射時の爆風に吹き飛ばされて死亡してしまう(『機動戦士ガンダム』第28話「大西洋、血に染めて」の劇中より)カイの成長を描く話。ミハルは被弾による電気系統の故障で格納庫から直接ミサイルを操作し、ズゴック撃破に貢献するが発射時の爆風に吹き飛ばされて死亡してしまう(『機動戦士ガンダム』第28話「大西洋、血に染めて」の劇中より)カイの成長を描く話。

ミハル・ラトキエは、ベルファストに住む少女。幼い弟のジルと妹のミリーを養うために物売りのかたわら、ジオン公国軍のスパイ活動を行っている。

ミハル・ラトキエのコードネームはスパイ107号。ホワイトベースの実情を知り感化されジオンを裏切るも戦死した。衝撃的な残酷描写が話題になった。ミハル・ラトキエのコードネームはスパイ107号。ホワイトベースの実情を知り感化されジオンを裏切るも戦死した。今までのロボットアニメとは違う衝撃的な残酷描写が話題になった。ミハルは、手動操作によるミサイル発射時の爆風に吹き飛ばされて死亡してしまう

自らの行ったスパイ行為を後悔し、罪滅ぼしとしてカイと共にガンペリーに乗り応戦し、アクシデントによりコクピットからの発射操作が不能になったミサイルを手動で発射させるため自らコンテナへ降りて行って発射させズゴック(劇場版ではグラブロ)を撃破したが、ミサイル発射時の爆風に煽られて機体から投げ出され死亡した。「あんたと会えてよかったと思うよ。ジルとミリーかい?あの子達なら大丈夫さ。私達よりずっとうまくやっていけるって。いつまでもこんな世の中じゃないんだろ?ね、カイ。」「あんたと会えてよかったと思うよ。ジルとミリーかい?あの子達なら大丈夫さ。私達よりずっとうまくやっていけるって。いつまでもこんな世の中じゃないんだろ?ね、カイ。

マチルダ・アジャンの最期

マチルダは、黒い三連星の激昂したオルテガにより、ミデアの操縦室を叩き潰され戦死する(『機動戦士ガンダム』第24話「迫撃! トリプル・ドム」の劇中より)マチルダは、黒い三連星の激昂したオルテガにより、ミデアの操縦室を叩き潰され戦死する(『機動戦士ガンダム』第24話「迫撃! トリプル・ドム」の劇中より)

マチルダ・アジャンは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するキャラクター。地球連邦軍のミデア補給部隊の隊長で階級は中尉。

初登場時、ガンダムを使いこなすアムロ・レイを「あなたはエスパーかもしれない」と評した。アムロ・レイにとっては憧れの大人の女性であり、彼女の死は彼に大きな影響を与えた。ガンダムにジェットストリームアタックを仕掛ける黒い三連星のドムに機銃掃射をしながら割って入り、オルテガのドムへ体当たりを敢行する。しかし、激昂したオルテガにより、乗機の操縦室を叩き潰され戦死する。 イセリナ・エッシェンバッハ

オデッサ作戦前の黒い三連星の強襲時には、エンジンの修理が終わったばかりのホワイトベースを救うため自らのミデア輸送機を発進させ、ガンダムにジェットストリームアタックを仕掛ける黒い三連星のドムに機銃掃射をしながら割って入り、オルテガのドムへ体当たりを敢行する。しかし、激昂したオルテガにより、乗機の操縦室を叩き潰され戦死する。

関連するオススメ:ガンダムシリーズの悲劇のヒロイン一覧

鬱アニメ・トラウマアニメに関連するコンテンツ