Fateシリーズは、衝撃的な鬱展開やトラウマシーンの宝庫。「Fate/stay night」シリーズ、『Fate/Zero』、『Fate/Apocrypha』、『Fate/EXTRA Last Encore』、『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]』などアニメ化された『Fateシリーズ』のトラウマ回・トラウマシーンのまとめ。

「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」


The Essentials of “Fate Series” – 人類史最大の英雄譚 – | Fate/Grand Order 配信3周年記念映像

「Fate/Grand Order」3周年を記念して、支えてくれた全てのファンに感謝を込めて。14年間の膨大なマテリアルで構築されたFateシリーズの魅力を5分に凝縮した特別映像をお届けします。

ライダー(真名は、メドゥーサ)の壮絶な最期。

ライダー/メドゥーサ(Fate/staynight)は、葛木宗一郎のトリッキーな暗殺拳によって殺される。

ライダー/メドゥーサ(Fate/staynight)は、葛木宗一郎のトリッキーな暗殺拳によって殺される。

ライダー/メドゥーサのねじれている首がぐるぐる回り元に戻る描写は衝撃的であった。

ライダー/メドゥーサのねじれている首がぐるぐる回り元に戻る描写は衝撃的であった。

ライダー/メドゥーサ(Fate/staynight)は、葛木宗一郎のトリッキーな暗殺拳によって殺される。ライダー/メドゥーサ(Fate/staynight)の壮絶な最期は、猟奇的なホラー演出もあり、視聴者にトラウマを刻み込んだ。ねじれている首がぐるぐる回り元に戻る描写は衝撃的であった。

「Fate/stay night[UBW]」第13話「決別の剣」

セイバーは、キャスターの霊呪の縛りによって、拘束され弄ばれる。

セイバーは、キャスターの霊呪の縛りによって、拘束され弄ばれる。

キャスター「健気なこと。いくらあなたが拒み続けてもサーヴァントとして作られた体は抗えない。令呪が少しずつ侵食しているのが判るでしょう?」

セイバーは、キャスターのお気に入り。セイバーはルールブレイカーを喰らって契約を強制解除させられ拘束され弄ばれる。

セイバーは、キャスターのお気に入り。セイバーはルールブレイカーを喰らって契約を強制解除させられ拘束され弄ばれる。

セイバーは、キャスターの霊呪の縛りによって、拘束され弄ばれる。

アーチャーの裏切り

アーチャー「ならば話は早い。以前の話、受けることにするよ、キャスター。」

アーチャー「ならば話は早い。以前の話、受けることにするよ、キャスター。」

遠坂凛「ちょ・・・アーチャー!?どう言うつもり。アーチャー!」
アーチャー「さて、彼女をここで倒すのは理想論だと思ってね。逃げるだけならば彼女は当代一だ。なにしろ逃亡の為に実の弟すら八つ裂きにする女だからな。」
キャスター「知ったような口を聞くのね。貴方には私の正体が分かっていて?」
アーチャー「龍の歯を依代とした使い魔はコルキス王の魔術と聞く。その娘、王女メディアは稀代の魔女と謳われたそうだが?」

キャスターは、「破戒すべき全ての符」(ルールブレイカー)によって、アーチャーの主従契約を破棄する。

キャスターは、「破戒すべき全ての符」(ルールブレイカー)によって、アーチャーの主従契約を破棄する。

アーチャー「私は私のためにお前に下るだけだ。そこに信頼も忠誠もない。だがサーヴァントとは、もとからそういうものではないか?」
キャスター「ふ・・・いいでしょう。あなた一人を御し得ないようでは、私の器も知れるというもの。あなたの思惑に嵌ってあげましょう。」

遠坂凛は、キャスターの「破戒すべき全ての符」(ルールブレイカー)によって、アーチャーとの主従契約を破棄された。

遠坂凛は、キャスターの「破戒すべき全ての符」(ルールブレイカー)によって、アーチャーとの主従契約を破棄された。

キャスター(Fate/staynight)は、聖杯戦争開幕前に、最初のマスター「魔術師アトラム・ガリアスタ」を殺害する。

魔術師アトラム・ガリアスタの錬成工房では、6人の子供を生贄にして、マナの結晶の精製を行う。

魔術師アトラム・ガリアスタの錬成工房では、6人の子供を生贄にして、マナの結晶の精製を行う。

目の前でカプセルに収められた六人の子供が赤い液体へと変貌していくのを見ながら、「やはり材料は新鮮なのに限る」という台詞を吐く魔術師アトラム・ガリアスタ。

目の前でカプセルに収められた六人の子供が赤い液体へと変貌していくのを見ながら、「やはり材料は新鮮なのに限る」という台詞を吐く魔術師アトラム・ガリアスタ。

ギリシャ神話の時代の魔術師キャスターの魔力を精製する技術は次元が違う。小物に過ぎない魔術師アトラム・ガリアスタは自尊心を傷つけられた。

ギリシャ神話の時代の魔術師キャスターの魔力を精製する技術は次元が違う。小物に過ぎない魔術師アトラム・ガリアスタは自尊心を傷つけられた。

魔術師アトラム「何を?何をした!?なぜ何もない炉からマナを生み出せる!?」
キャスター「何もない?あぁ…あなたたち現代の魔術師には何もないように見えるのですね。魔力を精製する技術が一段階…いえ一次元違うのでしょう。」

キャスターは、「破戒すべき全ての符」(ルールブレイカー)を自分自身に使用して主従契約を破棄し、自分を裏切って殺そうとしたアトラム・ガリアスタを容赦無く殺害した。

キャスターは、「破戒すべき全ての符」(ルールブレイカー)を自分自身に使用して主従契約を破棄し、自分を裏切って殺そうとしたアトラム・ガリアスタを容赦無く殺害した。

魔術師アトラム・ガリアスタは、「破戒すべき全ての符」(ルールブレイカー)を自分自身に使用したキャスターにより、主従契約を破棄された挙句工房を破壊される。これに激怒して残りの令呪二画で自害命令を下すも、ただ無駄遣いしただけに終わり、マスター資格そのものも喪失する。最期は自分が先にキャスターを裏切ったにも関わらず、彼女を「裏切りの魔女」と罵しり、最期まで身勝手さを翻す事はなく、彼女の手によって殺害された。

キャスター「アハハハハハ愚かなマスターね。私の宝具が何であるか忘れたの?」
アトラム「ルールブレイカー・・・だがそれは令呪で禁じたはずだ!」
キャスター「ええ、貴方には使えない。だから自分に使ってあなたとの契約を断ったの。」

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』第15話 / ラスボスの英雄王「ギルガメッシュ」に殺害される「イリヤ」

アインツベルン製の聖杯の失敗作たるホムンクルスが多数描写されるトラウマシーン。

アインツベルン製の聖杯の失敗作たるホムンクルスが多数描写されるトラウマシーン。

ギルガメッシュはイリヤの目を斬った。

ギルガメッシュはイリヤの目を斬った。

ギルガメッシュの剣にイリヤは、貫かれる。腹部に致命傷を受ける。

ギルガメッシュの剣にイリヤは、貫かれる。腹部に致命傷を受ける。

第15話にて、ラスボスの英雄王「ギルガメッシュ」に殺害される「イリヤ」。『Fate』シリーズ屈指のトラウマ回。第16話の冒頭では、ギルガメッシュに心臓を抉り出されるという、悲惨な最期を遂げている。

言峰綺礼「自害しろ、ランサー」

「自害しろ、ランサー」は、言峰綺礼がランサーに下した令呪による命令。非常に有名なセリフ。

「自害しろ、ランサー」は、言峰綺礼がランサーに下した令呪による命令。非常に有名なセリフ。

言峰綺礼が遠坂凛の始末をランサーに命じるが、ランサーは「俺にやらせたかったら令呪でも使うんだな」と拒否。
綺礼「ならば、仕方あるまい。では、令呪をもって命ず。」

言峰綺礼「自害しろ、ランサー」

言峰綺礼「自害しろ、ランサー」

遠坂凛「(ごめん、衛宮くん・・・私、先にリタイヤする。)」
綺礼「自害しろ、ランサー。」

ランサー「気にするな・・・こういうのには慣れてる。英雄ってのはな・・・ いつだって理不尽な命令で死ぬもんなんだからよ。」

ランサー「気にするな・・・こういうのには慣れてる。英雄ってのはな・・・ いつだって理不尽な命令で死ぬもんなんだからよ。」

ランサー「あぁあ・・・お前のような女が相棒だったら、いうことはなかったんだが・・・生憎、昔からいい女とは縁がなくてな・・・まったくこればっかりは何度繰り返しても直らねえみてーだ。」

ランサー「あぁあ・・・お前のような女が相棒だったら、いうことはなかったんだが・・・生憎、昔からいい女とは縁がなくてな・・・まったくこればっかりは何度繰り返しても直らねえみてーだ。」

ランサー「さあ、早く行け。アイツは俺が連れて行く。」
凛「さよなら、ランサー。短い間だったけど、私もあなたみたいな人は好きよ。」
ランサー「へ・・・小娘が・・・もぅちっと年取って出直してこい・・・」

イリヤの心臓を植え込まれた間桐慎二の肉体が聖杯の寄り代に

イリヤの心臓を植え込まれた間桐慎二の肉体が聖杯の寄り代になった(『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』第21話)。

イリヤの心臓を植え込まれた間桐慎二の肉体が聖杯の寄り代になった(『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』第21話)。

ギルガメッシュ「ん?傷をおったのか?活躍したな慎二。」
間桐慎二「はあああ?!誰せいだと思ってるんだ?お前が間抜けだからランサーなんかにやられたんだぞ!」
ギルガメッシュ「言峰はどうした?」
間桐慎二「とっくにくたばっちまったよ!お前も神父も愚図だから遠坂を逃がすことになったんだろう。」
ギルガメッシュ「そうか・・・それは残念だ。」

ギルガメッシュ「問題はない。依り代になるマスターなら、ここにもう一人いるではないか?聖杯が欲しいのだろう。ならばくれてやろう。大事なものなら二度と手放さないことだ。」

ギルガメッシュ「醜いなぁ・・・ま・・・ゲテモノのほうが味は良い。何よりもお前ならば相応しい泥を吐き出すだろう・・・慎二?」
間桐慎二「痛、痛い・・・痛い・・・増える・・・増える・・・助けて・・・助けて!」

遠坂凛「今までの話を総合すると聖杯はイリヤスフィールの心臓でしょ。聖杯はあの子の体。魔術回路とセットだと思う。アイツはイリヤスフィールが聖杯になることを嫌がって核になる心臓だけ引き抜いた。」
凛「血が絶えたといっても間桐には魔術回路の跡がある。イリヤスフィールの心臓なら閉じた回路だって力尽くで開かれるわ。」
士郎「となると、まず慎二を捜さないといけないのか・・・」

聖杯の寄り代になった間桐慎二の描写は、かなりグロイ状態になっている(『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』第22話)。

聖杯の寄り代になった間桐慎二の描写は、かなりグロイ状態になっている(『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』第22話)。

ギルガメッシュ「呪いをはき出すがいい聖杯よ、この時代の人間どもが自らの願いの重みに耐えられるかどうか・・・裁定の時といこうではないか。」

聖杯の寄り代になった間桐慎二のアップは、かなりグロい。

聖杯の寄り代になった間桐慎二のアップは、かなりグロい。

遠坂凛「慎二・・・さっさとこんな所とはおさらばよ・・・なによ、出来損ないの核でも手放したくないってわけ?そりゃ心臓を取られちゃ暴れるわよね。飛び降りるわよ、慎二。」

遠坂凛「慎二・・・さっさとこんな所とはおさらばよ・・・なによ、出来損ないの核でも手放したくないってわけ?そりゃ心臓を取られちゃ暴れるわよね。飛び降りるわよ、慎二。」(『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』第23話)

『Fate/Zero』

『Fate/Zero』第2話 / 残虐なキャスターの「死の美学」

少年が希望を見出した瞬間、背後から無数の触手が襲い掛かり、殺される。残虐なキャスターの「死の美学」を見せつけた。

少年が希望を見出した瞬間、背後から無数の触手が襲い掛かり、殺される。残虐なキャスターの「死の美学」を見せつけた。

少年が希望を見出した瞬間、背後から無数の触手が襲い掛かり、殺される。残虐なキャスターの「死の美学」を見せつけた。

キャスター(Fate/Zero)「怖がらなくてもいいんだよ?坊や」

召喚された直後には儀式の場に居合わせた少年(龍之介が殺害した一家の生き残り)を解放し、優しく声をかけて逃げるように促す。玄関に辿り着いた少年が外の光に希望を見出した瞬間、背後から無数の触手が襲い掛かり、家中に断末魔が響き渡る——。

キャスター(Fate/Zero)によって解放され、玄関に辿り着いた少年が外の光に希望を見出した瞬間・・・。助かると安堵した子供の背後から無数の触手が襲い掛かる。子供の助かるという希望が絶望へと切り替わる…。

キャスター(Fate/Zero)によって解放され、玄関に辿り着いた少年が外の光に希望を見出した瞬間・・・。助かると安堵した子供の背後から無数の触手が襲い掛かる。子供の助かるという希望が絶望へと切り替わる…。

雨生龍之介「COOL! 最高だ! 超COOLだよアンタ! オーケイだ! 聖杯だか何だか知らないが、ともかく俺はアンタについていく! さあ殺そう! もっともっとCOOLな殺しっぷりで、俺を魅せてくれ!」

キャスターの殺人手口を目の当たりにした際の台詞。この瞬間、史上最悪の殺人コンビが誕生した。

キャスター(Fate/Zero)の工房・あじと、キャスター陣営の作品は放送規制(グロ描写規制)された。

ウェイバーとライダーが見たキャスター陣営の作品は・・・。テレビアニメ「Fate/Zero」第9話では、キャスター(Fate/Zero)の工房・あじと、キャスター陣営の作品は放送規制された。

ウェイバーとライダーが見たキャスター陣営の作品は・・・。テレビアニメ「Fate/Zero」第9話では、キャスター(Fate/Zero)の工房・あじと、キャスター陣営の作品は放送規制された。

テレビアニメ「Fate/Zero」第9話では、あまりにも残酷すぎるためオンエア不可能だったキャスター陣営の作品。

テレビアニメ「Fate/Zero」第9話では、キャスターの工房・あじとの発見から破壊シーンは、かなり放送規制された。

テレビアニメ「Fate/Zero」第9話では、キャスターの工房・あじとの発見から破壊シーンは、かなり放送規制された。

ウェイバーの機転でキャスターのアジトを発見して攻めん込んだライダー。そこで二人が目にしたものは・・・ライダーがウェイバーに見るなという警告をするほど残虐な惨状であった。

『Fate/Zero』第10話「凛の冒険」/ 凛のアヘ顔は話題に

雨生龍之介のブレスレットの魔力に屈服させられそうになる遠坂凛。遠坂凛の逝き顔(アヘ顔)は話題になった。

雨生龍之介のブレスレットの魔力に屈服させられそうになる遠坂凛。遠坂凛の逝き顔(アヘ顔)は話題になった。

「Fate/stay night」のメインヒロインとなる遠坂凛の過去が描かれる。凛のアヘ顔は話題になった。

『Fate/Zero』第10話「凛の冒険」のあらすじ

冬木市で起きた連続殺人事件の犯人はいまだ見つからず、毎日のように子供がさらわれつづけていた。そんな中、時臣の娘・凛は、連絡が取れなくなった友人・コトネを捜しにひとりで夜の街へ出かける。商店街で子供を連れた不審な男を見つけた凛は、男の後をつけるが……。

間桐臓硯に翻弄される間桐桜 / 蟲による凌辱

間桐桜は、長年に渡り蟲による凌辱という形で調整を受け続けてきた。

間桐桜は、長年に渡り蟲による凌辱という形で調整を受け続けてきた。

間桐の魔術に無理矢理馴染ませるべく、長年に渡り蟲による凌辱という形で調整を受け続けてきた。

間桐の魔術に無理矢理馴染ませるべく、長年に渡り蟲による凌辱という形で調整を受け続けてきた。

アニメ版「Fate/Zero」では、間桐桜が蟲の大群に穢されている無惨な姿が描写された。

「Fate/Zero」第16話 / ディルムッド・オディナの自害

自害させられたランサー(ディルムッド・オディナ)は、呪詛を吐きながら消滅した。

自害させられたランサー(ディルムッド・オディナ)は、呪詛を吐きながら消滅した。

ランサーのディルムッド・オディナ(Fate/Zero)は、衛宮切嗣の脅迫に屈したケイネスの令呪により自害させられてしまう。

ランサーのディルムッド・オディナ(Fate/Zero)は、衛宮切嗣の脅迫に屈したケイネスの令呪により自害させられてしまう。

ケイネス・エルメロイ・アーチボルトとソラウは、衛宮切嗣の助手である久宇舞弥が射殺した。

ケイネス・エルメロイ・アーチボルトとソラウは、衛宮切嗣の助手である久宇舞弥が射殺した。

衛宮切嗣はケイネス・エルメロイ・アーチボルトとソラウを殺さない代わりに、ランサーを自害させる契約を結ぶ。しかしケイネスは、久宇舞弥の銃撃で致命傷を負うも、ケイネスは即死したソラウと違ってすぐに死ねず、見かねて駆け寄ってきたセイバーの介錯により死亡した。

『Fate/Zero』第18話「遠い記憶」/ シャーレイの死徒化。

シャーレイは、衛宮切嗣の初恋の少女にして彼の最大のトラウマの元になった女性。

シャーレイは、衛宮切嗣の初恋の少女にして彼の最大のトラウマの元になった女性。

シャーレイは、『Fate/Zero』の登場人物。南海の孤島アリマゴ島に住んでいたポニーテールと褐色肌が特徴的な少女。衛宮切嗣の初恋の少女にして彼の最大のトラウマの元になった女性。衛宮矩賢の実験により不完全な死徒になってしまう。そして、これが引き金になり、彼女がいた島全体が被害にあい、壊滅する。

シャーレイは好奇心に負けてしまい薬を服用してしまう。薬の効果は服用した者を死徒という吸血鬼にする最悪な品物。

シャーレイは好奇心に負けてしまい薬を服用してしまう。薬の効果は服用した者を死徒という吸血鬼にする最悪な品物。

衛宮切嗣は、父親の「衛宮矩賢」を殺害してしまう。

衛宮切嗣は、父親の「衛宮矩賢」を殺害してしまう。

父である衛宮矩賢は、シャーレイを実験に利用するが、それが元で衛宮切嗣に殺されてしまう。

薬の事は後に矩賢も気付いたようだがシャーレイに対しては、「残念だった」「図らずも実験結果を早く出してくれた」と零す程度だった。 彼女の事を残念がってはいたが、研究をやめる気には繋がらなかったようだ。そして、それを聞いた切嗣は父を殺害する。父が今後研究を続け、第二、第三のアリマゴ島の悲劇を繰り返さないように。

『Fate/Zero』第19話 / 衛宮切嗣は、師匠である「ナタリア・カミンスキー」を殺害してしまう。

衛宮切嗣は、師匠である「ナタリア・カミンスキー」を殺害してしまう。衛宮切嗣は慟哭した。有名な顔芸になっている。

衛宮切嗣は、師匠である「ナタリア・カミンスキー」を殺害してしまう。衛宮切嗣は慟哭した。有名な顔芸になっている。

グール(ゾンビ)にする死徒蜂を体内に仕込んでいたターゲットの魔術師オッド・ボルザーク

グール(ゾンビ)にする死徒蜂を体内に仕込んでいたターゲットの魔術師オッド・ボルザーク

魔術師のオッド・ボルザークの死後、体内に仕込んでいた死徒蜂が解き放たれ、ナタリアを除く乗客乗員300名を屍食鬼(グール)に変貌させた。

ナタリアさんを撃ち落とすという衝撃の決断をした衛宮切嗣。切嗣の放ったミサイルによって旅客機は撃墜。

ナタリアさんを撃ち落とすという衝撃の決断をした衛宮切嗣。切嗣の放ったミサイルによって旅客機は撃墜。

ナタリアは諦めることなく旅客機の着陸を試みるが、彼女が生き残ることによって空港に屍食鬼が解き放たれ、災厄が拡大するという最悪の事態を阻止すべく、切嗣の放ったミサイルによって旅客機は撃墜。

ナタリア・カミンスキーは海上でその命を散らした。切嗣が飛行機を撃墜する場面でアニメ版ではこうなる事を悟っていたのか一瞬だけ笑みを浮かべさせるシーンがある。

ナタリア・カミンスキーは海上でその命を散らした。切嗣が飛行機を撃墜する場面でアニメ版ではこうなる事を悟っていたのか一瞬だけ笑みを浮かべさせるシーンがある。

衛宮切嗣は、師匠である「ナタリア・カミンスキー」を殺害してしまう。家族同然の人を殺してまで多数の人達を守る決断をした衛宮切嗣。その葛藤に壮絶な涙を流します。

1 2